大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 謙信、鷹山、官兵衛、加藤重徳 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 八王子城2 | main | 秋ごよみ >>
謙信、鷹山、官兵衛、加藤重徳

昨日、仕事仲間の学者にくだらない説明を強要され珍しく頭痛になった。
そんなもの一般人ならわかるよって言う内容である。

実は私は本を書く人間である。
上記の学者は共同著作になる人である。
最近書籍どの分野も落ち込みが激しいので、本は儲からない。
今回の本は大学で使う専門書なので、そう多くはないがまあシェアは失わないのが救いか。

頭痛が一晩寝ても治らないので、午前中寝ていて、布団の中で上杉鷹山の家系図を見ていた。
上杉鷹山と言えば、日本近世史屈指の名君である。
現代のバカ政治家に比べたら天と地ほどの開きがある。
鷹山は、謙信の10代後に現れた上杉家の当主である。

上杉鷹山のひいお祖父さんの父は、吉良上野介。
鷹山のお母さんは黒田官兵衛を輩出した黒田家の人である。
黒田官兵衛が荒木村重の有岡城に幽閉されていた時、親切な牢番がいた。
加藤重徳である。

官兵衛は、敵方の荒木家臣でありながら官兵衛に親切にしてくれた加藤にこう言った。

「もしも、運よく私がここ(牢)から出られたら、あなたの子供を私に預けて下さい。私がわが子同然に育てます。」

信長の有岡城攻めにより、官兵衛は忠臣たちに救出された。
約束通り、牢番の子は引き取られ、官兵衛は養子として実子の長政同様大切に育てた。
黒田の苗字を与え、黒田一成となった。
三奈木黒田家の初代当主で、黒田家重臣筆頭である。
官兵衛は、牢番加藤重徳の恩に報いたのである。

上杉鷹山には、黒田官兵衛とこの黒田一成の血が流れている。
そして、上杉謙信の義を誰よりも濃く受け継いだ人物である。

彼らの清々しい生涯に想いをはせていたら、頭痛がいつの間にか消えていた。


【2017.09.16 Saturday 16:22】 author : いづな薫 
| 日本史  | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
(`ω´)ちゃんと生きてよ、あんたら生きていないんだよ
「為せば成る 為さねば成らぬ 何事も 成らぬは人の 為さぬなりけり」
「やればできる。やらなければできない。何事も、できないのは人がやらないからだ」

上杉鷹山が瀕死の米沢藩を立て直す際に、藩の武士階級や藩民に対し立て
直しの心構えについて説いた有名な言葉である。ケネディー大統領は座右
の銘にしていたらしい。この言葉をケネディー大統領が知っていたことにも
驚く。藩政を改革して藩財政を見事に立ち直らせた上杉鷹山
「人のなさぬなりけり」の「人」とは他人のみならず上杉鷹山自身についても語っている。

武田信玄公の名言「成せば成る為されば成らぬ成る業をならぬとい捨つる人のはなかさ」
「やれば出来る。やろうとしなければ出来ない。出来るはずのことをあきらめてしまう人のはかなさよ」
今の日本国民の皆様だね。
| こち虎 | 2017/09/16 7:19 PM |
こち虎先生

連投ありがとうございます。
『伝国の辞』、私も本物を米沢で見ました。
国宝ですが、内容がまた国宝中の国宝ですね。
上杉鷹山が家督を譲るに当り、藩主の心得を書いたものですね。

>武田信玄公の名言「成せば成る為されば成らぬ成る業をならぬとい捨つる人のはなかさ」

鷹山はこの信玄の言葉を模範にして言っていますね。

>「やれば出来る。やろうとしなければ出来ない。出来るはずのことをあきらめてしまう人のはかなさよ」
今の日本国民の皆様だね。

奮起するには、残念ながらもっと大変な目に遭わないといけないのかもしれません。
これまでの歴史がそうであったようにです。
そうあって欲しくはないのですが。
| いづな薫 | 2017/09/16 8:32 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417323
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中