大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 待ち時間 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 着物虫干しなう | main | 名将銘酒上杉謙信 >>
待ち時間


上野の、東京国立博物館の「運慶展」の列に並んでいます。
既に見た運慶展ですが、展示替えしたのでまた参りました。
ただ今、50分待ち。
ランチ食べて、買い物袋下げたまま、この本読みながら50分待ちます。

【2017.11.10 Friday 12:57】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(3) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
(`ω´)また茶番だ。野党は国民を馬鹿にしとる
国会さ、もう話が付いてるみたいですね、単なるセレモニー
裏金が野党に回ったんでしょう。質問がアホ( ゚д゚)ノ ハイ!シツモーン!です。
野党よ、国民を敵にまわしてただで済むと思うなよ。
もう〜簡単な質問を一つすれば、加計学園問題なぞひっくり返るんですよ、
野党はそれをしようとしない。国民に対する裏切り行為です。
だから現役の国会議員を当選させてはいかんのです。
いいですか、国会議員は歳費が目的です。それ以外は興味がないのです。
与党・野党は全員が仲間です。生活のために仲間になるのです。
選挙が終われば、国民はゴミです。わかりますね、現在を見れば。

簡単です。入札状況をみれば分かります。
競争入札か、指名入札か、特命入札か、調べれば分かります。
税金が使われているんですよ、請負金額の一番低い建設会社が入札したのかな?
入札金額が事前に漏れた可能性は、あるやなしか?
税金が使われているのだぞ、
設計会社は特命か、請負の最低金額はどのように決定したのかな、え枝野

設計図書を入手して請負金額を民間の積算会社に依頼して算出してもらえ、
野党議員の歳費から一人5万円ずつ出せば、3社くらいの積算会社に
依頼できるぜ、え〜野党
有名なところでは、双葉積算などが信頼できるぜ、あるいは大手ゼネコンの
積算部に依頼しろ、してください国民の皆さんの願いです。
月300万円の歳費をふんだくっている議員様達、けちけちしなさんな、え
以上に単価が高い場合は、必ずと言っていいほど、キックバックがあります。

なんでも地元の市長や市議に加計学園側から金銭の授与があったそうな、
今、裁判ですか、その金はキックバックの金と見たが、文句あります。
このくらいの質問できなければ、野党は死んだ。全員辞職しろ、
国民の皆様に申し訳ないと思わんのか、馬鹿たれ。
| 串かつ | 2017/11/15 6:57 PM |
)`ω´( 誤字、脱字が多くてすみませぬ
パソコンが悪い(言い訳)
| 串かつ | 2017/11/15 7:05 PM |
串かつ先生

コメントありがとうございます。

>国会さ、もう話が付いてるみたいですね、単なるセレモニー

昔、自民党と社会党が大きな政党だった時代は、そうだったのですってね。
今もですか。

>裏金が野党に回ったんでしょう。質問がアホ( ゚д゚)ノ ハイ!シツモーン!です。

その議員はどなたですか?
今、15日行われたインターネット衆議院中継録画を見ています。
衆議院・文部科学委員会です。

>国会議員は歳費が目的です。それ以外は興味がないのです。

議員年金復活する話が出て参りましたね。
生活に困るからとか。

>単価が高い場合は、必ずと言っていいほど、キックバックがあります。

そうでしょうね。

>地元の市長や市議に加計学園側から金銭の授与があったそうな、

市議1人あたり1千万もらったそうですね。
どっからの金だか。
どこからの金か知りたい案件がたくさんありますよ。
トランプ妻の140万の真珠とかトランプ娘の300万のテーブルランナーとか。
57億円のイバンカ基金は税金でしたね。
| いづな薫 | 2017/11/15 8:48 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417364
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中