大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 雪の春日山 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 上野駅のパンダツリー | main | 春日山にて宴 >>
雪の春日山
今日は、万を持して越後春日山。
お屋形さまのもとに帰って参りました。
林泉寺、謙信公が少年時代修行したお寺です。


【2017.12.16 Saturday 11:56】 author : いづな薫 
| 春日山城、新潟 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
(`ω´)ビンビ・サラー
古代インドの大国、コーサラ国のビンビ・サラー大王
信仰心が厚く、国民の幸せを第一に考えた偉大な王
文武両道に優れ、しかもイケメン、国民の信頼をあつめた。
乗る馬は白馬、災害が発生すれば、城の蓄えを放出し民を助けた。
私はこの人こそ、上杉謙信の前世であろうと思います。

数万の信者を従え、火の神を拝んでいた、有に100歳を超えるカシャパー仙人が
わずか36歳のブッタに帰依した時、少し疑問に思ったが、直に、数万の信者に
自分の考えは間違っていたと謝罪し、全てを投げ出しブッタの弟子になった、
信者を迷はせたくない、カシャパー仙人を逆に勇気ある指導者だと尊敬した。
ブッタと共に城に招待したとき、「やはり、あなたは偉大なカシャパー仙人ですと」
称えた。それを見た重臣達、侍達は心が洗われたのだ。ブッタの噂は本物であったと。
このような偉大な王に仕えたことに誇りに思うと。

ブッタ「王をはじめ、竹林精舎を寄進したガランダ様のように布施をなされる行為を
見て、心から喜べる財力なき人びとは、布施されたと同じような行為者と言えるし、
功徳を受けましょう。」
このガランダこそ、空海(弘法大師)の前世です。空海は書物に書き残しています。
私はインド時代のリオゼッセンで、ブッタの説法を聞いたことがあると。

ビンビ・サラー大王「ブッタ、私のような者にも分かるように法を教えて下さい。」
王の謙虚な態度に、クシャトリヤ、バラモンも、心が洗われるような気持ちだった。
そして、ブッタの法とは、いったい如何なるものなのか。
王とても同様だった。生きている人間に対して、心から手を合わせるなどということは、
これまで一度も見たことも、聞いたこともこともないからであった。

ブッタは自分を拝め、お経を唱えよなど、一言も言っていません。
人には皆、心に転生輪廻の記憶、宝物(パラミタ)があるんだよ、
あそこで生まれて家族がいて子供を育てた。
皆さん、全ての人に宝物がある、その記憶のテープを回転させる
方法を人々に教えたんですよ。
これは、私からのクリスマスプレゼントです。(`ω´)
| 串かつ | 2017/12/17 3:45 AM |
串かつ先生

コメントありがとうございます。
お返事大幅に遅れ大変申し訳ありません。
ようやく時間が取れます。
串かつ先生おかわりないですか。
新潟県上越市にまた行って参りましたが、雪が横に降っていました。
一面真っ白です。
東京方面へトンネルを抜けると、嘘のように晴れています。

>信仰心が厚く、国民の幸せを第一に考えた偉大な王
>文武両道に優れ、しかもイケメン、国民の信頼をあつめた。
>乗る馬は白馬、災害が発生すれば、城の蓄えを放出し民を助けた。
>私はこの人こそ、上杉謙信の前世であろうと思います。

おおっ、そうですね!

>このガランダこそ、空海(弘法大師)の前世です。空海は書物に書き残しています。
私はインド時代のリオゼッセンで、ブッタの説法を聞いたことがあると。

そうなのですか。

>ブッタは自分を拝め、お経を唱えよなど、一言も言っていません。
人には皆、心に転生輪廻の記憶、宝物(パラミタ)があるんだよ、
あそこで生まれて家族がいて子供を育てた。
皆さん、全ての人に宝物がある、その記憶のテープを回転させる
方法を人々に教えたんですよ。
これは、私からのクリスマスプレゼントです。(`ω´)

ありがとうございます。
ブッタは、前世の記憶、宝物を輪廻転生を超えてつないでいくことを教えたのですか。
お経を唱えると、より濃く思い出せるのでしょうか。

| いづな薫 | 2017/12/21 3:45 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417374
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中