大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 正宗3振り | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< クリスマスイヴ | main | お正月用酢だこ >>
正宗3振り

名刀正宗3振り、東京国立博物館で堪能して参りました。
まずは、石田正宗。鎌倉時代末期・14世紀 重要文化財。
安土桃山時代は、石田三成三成が所蔵。
石田三成が、加藤清正、福島正則らと対立し宿敵徳川家康のふところに逃げ込みました。
その時、仲介してくれた家康の次男結城秀康に礼として贈った刀です。


相州正宗。城泉守所持 鎌倉時代・14世紀 国宝。
鎌倉時代末期、相州鍛治、正宗の代表作です。
なかごに刻まれた、「城泉守所持」、徳川家康の家臣城昌茂の所蔵。


観世正宗。鎌倉時代・14世紀 国宝。
能楽の観世家が所持していたことから「観世正宗(かんぜまさむね)」と呼ばれています。
江戸時代の刀剣書『享保名物帳』によると、徳川家康が観世家から召し上げて秀忠に与えたものとあります。
江戸時代は、徳川家と家臣との間であげたり献上したりを繰り返しました。
明治時代、徳川家から有栖川宮に献上され、のちに同家を継いだ高松宮家に伝来しました。

正宗(まさむね、生没年不詳)は、鎌倉時代末期〜南北朝時代初期に相模国鎌倉で活動した刀工です。
彼の確立した刀の作風「相州伝」は、板目肌に地沸が厚く付いて地景が交じり〜などなど専門的な言葉で表現されます。
難しい言葉は抜きで、相州伝には「光」を感じます。
ご覧になれば、その意味が分かります。
どうぞ、皆さまも正宗の刀をご覧ください。

【2017.12.25 Monday 18:45】 author : いづな薫 
| 刀剣 | comments(0) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417380
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中