大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 ギョーザ | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< お正月用酢だこ | main | あけましておめでとうございます >>
ギョーザ



年末押しつまって参りました。
皆さま、お正月準備、ご旅行などでお忙しくしていらっしゃることと思います。
お風邪など召しませぬよう留意され、良いお年をお迎えください。

我が家は、今宵ギョーザを作りました。

材料 50個分
ギョーザの皮 50枚
玉ねぎ 大1個
キャベツ 2~3枚
エリンギなどきのこ 適宜
にんにく 大1かけ
豚ひき肉 200g
乾燥エビの細かいの カップ半分
生姜 半分くらい
酒 大さじ6
八丁味噌 小さじ2
砂糖 小さじ2
みりん 大さじ1
中華顆粒だし 少々
胡麻油 適宜
お湯 200~300cc

★フタ付きフライパンをご用意ください。


作り方

1)豚ひき肉に、生姜をすりおろし、酒大さじ2と混ぜ込む。

2)キャベツ、玉ねぎ、エリンギを刻み、フライパンに入れて、酒大4さじと、みりん大さじ1、中華顆粒だし少々、水を少量入れ、加熱。

3) 2がしんなりしたら、八丁味噌を入れ溶かす。火を止める。肉を入れる前の、この段階で味を見ます。

4)にんにくをすりおろし、3に入れる。1の肉と細かい乾燥エビも入れ、混ぜる。

5)皮に包む。

6)フライパンを熱し、胡麻油を多めに敷き、ギョーザを3面焼く。
 50個あるので2回に分けて焼く。

7)焼いている間、同時進行でやかんでお湯を沸かす。

8)ギョーザを2段重ねでもいいので、全部フライパンに入れ加熱。
 フライパンの温度をずっとキープするのがポイント。

9)8にやかんの熱湯を200〜300ccくらい投入。必ずお湯です。
 フタをする。
 ギョーザが柔らかくなったら出来上がり。



【2017.12.30 Saturday 18:08】 author : いづな薫 
| 武将キッチン | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
この分量だと何人分ですか?

自分も今度このレシピで作ってみます。
| 裕左衛門 | 2017/12/30 10:56 PM |
裕左衛門さま

あけましておめでとうございます。
今年も、よろしくお願いいたします!
ギョーザは4人分です。
この他に、おかずがもう一品、ご飯、お味噌汁、ゼリーとヨーグルトでした。

このギョーザ、細かい乾燥エビを入れたのがポイントです。
格段においしくなります。
| いづな薫 | 2018/01/01 10:00 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417382
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中