大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 亀甲貞宗 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 上杉三十五腰展 | main |
亀甲貞宗

国宝亀甲貞宗を、東京国立博物館にて見て参りました。
江戸初期、最高の刀工とうたわれた正宗の実子とも養子とも言われる貞宗の一振りです。
父正宗と似た作風ですが、父より穏やかで整っています。
刃紋は乱れ刃です。
鎌倉時代〜南北朝時代14世紀
亀甲の由来は、茎(なかご、持つ所)に亀甲菊花紋の彫り物があるためです。
1698年、尾張徳川家から、わんこ将軍綱吉に贈られました。

【2018.02.08 Thursday 20:07】 author : いづな薫 
| 刀剣 | comments(0) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417398
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中