大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 安倍政権危険水域 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 国会前大集合 | main | 財務省事務次官辞任と新潟県知事辞任 >>
安倍政権危険水域
安倍首相、いよいよ危なくなって来た。
1カ月以内に総辞職するのではないか。
遅くても6月には片付くだろう。

本当なら、既に総辞職ものである。
森友、加計と数々の証拠を見せられているのに、それでも権力の座に居座り続ける姿に、多くの国民は怒りを覚えている。

「私や妻が関わっていたのなら、総理大臣も国会議員も辞めます」

この発言がなされた時から、財務省の改ざんが始まっている。
財務省が忖度して勝手にやったのか。
そうではあるまい。

加計問題はどうだ。
安倍は無関係でない証拠が次々と上がっている。
「首相案件」と言う文書が複数出て来た。
2015年4月2日官邸で、愛媛県、今治市、加計学園の職員たちが、当時の柳瀬首相秘書官と面会している。
柳瀬氏は「本件は”首相案件”」と述べたと記録が出ている。

安倍と柳瀬は否定している。
安倍首相は、柳瀬元秘書官の記憶を信じると言った。
記憶なんて、”記録”の前では効力はない。
記憶なんて忘れる。

安倍首相が、「妻に確認したところ『(森友の学校建設を)ぜひ前に進めてください』とは言っていない」と言った。
それを、立憲民主党代表で弁護士でもある枝野氏が、「家庭内の会話に証拠能力はない」と指摘している。

その通りである。
妻に私的に聞いたことを、証拠ととらえてもらっては困る。
安倍の政治感覚は人治政治である。
俺が独裁者だから、俺が言う事はすべて正しい。の認識である。

安倍のこれまでの、うそが露見しているのに居丈高にふるまうのは、俺の言う事に世の中の方が従うとでも
思っているのか。

森友、加計問題をめぐる安倍政権は、来夏の参議院選挙に影響する。
昨日4月15日は、市長選など地方選挙が各地で行われ自公が惨敗している。
看板が安倍では勝てないと言うことだ。
今日出た朝日新聞世論調査では、支持31%、不支持52%。
安倍広報の日テレの方が厳しく、支持26.7%、不支持53.4%。
20%台は、危険水域である。

来年の参院選候補者の人選はもう始まる頃である。
希望の党と民進党が合併しようとしている。
野党統一候補を阻止する動きである。
昨年の衆院選は、民進党の前原がまさにこれをやった。
自公がやばいと、野党の中から野党を勝たせないよう動く奴が出るのが日本である。

【2018.04.16 Monday 16:51】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
(`ω´)何か
いえね、新潟県知事の辞職さ
辞職する必要なし。 異常は安倍政権さ、やられた。
なんか悪いことしたの、してないよヨネさん。
男ですよ、女抱きたくなるのは当たりまえです。男ですから
生理現象なんですよ、健全そのものでないですか、違います。
なんか文句あります。
男はしょうがないんだよ、女がいなけりゃ、ソープに
行くしかないんだからさ、かわいそうさ、もてない男は、
ヨネさんも、ぶ男だから、しょうがないさ。
何度も言うけど、男だからしょうがないのさ、分かる女子の皆さん
財務省の何とかより、よっぽどマトモさ。
これは東電と、東芝にやられた。
柏崎原発1、2、3、4号機は日立
5、6、7号機は東芝だ。

ヨネさんもさ、お妾さん何人もあった総理大臣よりマトモさ
なんか、文句あんのか、と言えばいいじゃん。
| 串かつ | 2018/04/18 6:18 PM |
串かつ先生

コメントありがとうございます。
新潟県に山ほど友人知人がいるいづなも昨日からこの話でもちきりです。
皆さん、残念だが辞めるほどの問題ではないと仰っていますよ。
福田事務次官の方が問題。
ネタをもらわねばならない弱い立場の記者に対し、繰り返しセクハラしています。
更には、女性記者の上司がかばうどころか彼女を攻撃しています。
セクハラ被害が今あちこちで声が上がっています。

>何度も言うけど、男だからしょうがないのさ、分かる女子の皆さん
財務省の何とかより、よっぽどマトモさ。

そうなんです。
ワイドショー見て米山さんを攻めるレベルの女性は私のサイトを読んでいませんよ。
| いづな薫 | 2018/04/19 4:32 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417417
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中