大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 仙臺マコロン | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< W杯日本ベルギー戦 | main | 和牛あらびきハンバーグ >>
仙臺マコロン


今回の仙台土産はこれ。
帰るため仙台駅前に到着したのが、新幹線発車時間の10分前だったため、
改札を通り猛ダッシュで買い物しました。笑
アーモンドの香りがあって、コクのある甘さが美味しいです。
コーヒーに合うお菓子です。

【2018.07.04 Wednesday 21:16】 author : いづな薫 
| | comments(8) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
(`ω´)猫好きのいづな先生
いえね、サッカーW杯で6試合の結果予想を的中させた
中国の予言茶トラ猫「白点児」。でも死んじゃった。野良だそうです
いい顔してるよ、残念
最近やっと、手のひらが元に戻りましたよ、安心

永平寺行って来ましたよ、7月2日月曜日10時ごろ、うろうろしてた。
暑くて、入る気無し、でも連れ達が、せっかく来たんだから入ろうよ
となり、入場料500円を払い侵入した。なんと冷房効いているがな
そこはホテルのような信徒宿泊設備のある4階建ての中でした。
当然、本殿伽藍は風通しの良い空間、門で行き倒れ、上の本堂まで
行くきなし、一人は一周してきたな、その他は下で待機でした。
石門の近くの蕎麦屋に逃げ込み、永平寺蕎麦を堪能、逃げるように帰る
え、三昧の境涯、むりむり、やはり永平寺は新緑の5月だね
気温36度だよ、むりむり。あらためてブッタは灼熱のインドで悟りを開いた凄い

極悪非道の7人が処刑された。まだ国会で2名残っているが
一人の経費(人件費、食費、給排水衛生光熱費、建物維持費など)が一日
4000円は必要でしょう。そうするとかかった税金は一人3000万円
その他裁判費用や弁護料など入れると、一人10億円はかかっているな
全部で14億円の税金がついやされました。まだある、施設解体費、機動隊や
警護費用、地下鉄を止めた費用など100億円はかかった。

ところで北朝鮮の拉致問題はどうなったの、最近聞こえないけど
また外務省と安倍自民党・公明党がさぼってんな、郵便受けにチラシ撒いてんでしょ
本とに、いままで何もやってこなかったんだね、能無しども、夏の賞与無しだろ
大阪のブロック倒壊事故関係者も賞与無しだろ、まさか人殺しに賞与、与えるかい
与えたら、その判断をしたバカは、発達障害、間違いなしだろ。
| 串かつ | 2018/07/06 6:36 PM |
串かつ先生

コメントありがとうございます。
ええ、猫好きです。
串かつ先生もですよね。

>いえね、サッカーW杯で6試合の結果予想を的中させた
中国の予言茶トラ猫「白点児」。でも死んじゃった。野良だそうです
いい顔してるよ、残念

そうなのですか。長生きして欲しかったです。

>最近やっと、手のひらが元に戻りましたよ、安心

手のひらを怪我されたのですか?

>永平寺行って来ましたよ、7月2日月曜日10時ごろ、うろうろしてた。
暑くて、入る気無し、でも連れ達が、せっかく来たんだから入ろうよ
となり、入場料500円を払い侵入した。なんと冷房効いているがな
そこはホテルのような信徒宿泊設備のある4階建ての中でした。
当然、本殿伽藍は風通しの良い空間、門で行き倒れ、上の本堂まで
行くきなし、一人は一周してきたな、その他は下で待機でした。
石門の近くの蕎麦屋に逃げ込み、永平寺蕎麦を堪能、逃げるように帰る
え、三昧の境涯、むりむり、やはり永平寺は新緑の5月だね
気温36度だよ、むりむり。あらためてブッタは灼熱のインドで悟りを開いた凄い

ええ?!永平寺気温36度?
そんなに暑いのですか。
標高どのくらいなのでしょう。冬はかなり寒い所ですよね。

>極悪非道の7人が処刑された。

テレビで死刑をショー化して報道したと批判が出ていました。
安倍は仲間とその日宴会だったそうですね。
悪い時代になったなと言うのが正直な感想です。

>ところで北朝鮮の拉致問題はどうなったの、最近聞こえないけど

政治を私物化し、税金を使う。
拉致問題を解決する気ははなからありませんよ。
死刑をショー化。
国民の間では、原発など政治批判をすると話してくれるな、と言う雰囲気があります。
主権を放棄し、安倍を指示し、自ら墓穴に入ろうとしています。
| いづな薫 | 2018/07/08 11:10 AM |
(`ω´)曹洞宗大本山永平寺
いえね、ご本尊はブッタですよ、ゴーダマ・シッタルダ
お釈迦様、シャキャ族の王子、クシャトリア(武士)
さすがだよね、坊さんだれもいない、一人か二人、歩いてるだけ
修行僧は全員冷房の効いた、信徒会館にいる
そこで、瓦やTシャツ、お土産売っている(`ω´)。
今時やね、熱中症対策でしょう
バカみたいに修行なんかしてられっか、でしょう
ブッタもね、肉体行や苦行を、する人は尊敬はすれど
悟りには程遠いと、言っています。
肉体には肉体の役割があるんだと、肉体が滅んで
なお悟りなど、ありえんと、邪道だと言っています
来世で幸せになりたくて苦行するなら、また生まれ変わったら
苦行をすることになる。もしそれが人間なら
人間ほど惨めで哀れな生物はいないだろう。と
人間本来の目的は、自分自身が撒いた悪の種を自分が刈り取る
心の曇りを晴らす。人間本来の姿に戻る、これです
永平寺門前の蕎麦屋で飲んだ生ビールを味わい、三昧の境涯に到達す。
これが人間よ
| 串かつ | 2018/07/12 5:08 PM |
串かつ先生

コメントありがとうございます。

>修行僧は全員冷房の効いた、信徒会館にいる
そこで、瓦やTシャツ、お土産売っている(`ω´)。

笑、そうでしたか。
就業中はエアコンあり?なしどちらでしょう。

>人間本来の目的は、自分自身が撒いた悪の種を自分が刈り取る
心の曇りを晴らす。人間本来の姿に戻る、これです
永平寺門前の蕎麦屋で飲んだ生ビールを味わい、三昧の境涯に到達す。
これが人間よ

自分が蒔いた悪い種を自分が刈り取るですか。
う〜ん。なるほどね。
ビール美味しかったですか。
蕎麦屋の酒肴って美味しいですよね。
| いづな薫 | 2018/07/13 7:33 PM |
(`ω´)会社が永平寺から15分くらいの所にあったんですよ
いぇね、前に務めていた会社の本社が福井県だったんで
研修中、仕事が終わると、毎日のように永平寺に行っていましたよ
別に信仰しているんじゃなくて、境内の環境が良いので、それだけです。
ブッタに言わせれば、勝手に名前を使うんじゃないよ、でしょう
ブッタはお経とか、写経とか、自分を拝めとか、まったく縁も所縁もありません
ブッタは自分の経験した事を人々にはなしたんですよ、妄想、創造した事は
一切話していません。全て自ら経験した事を話して聞かせたんです
これこれ、こうすれば心の曇りが取れ、心の窓が開き、観自在になるのだと
どっかのバカ教祖とは、わけが違います。
心の窓が開き、観自在になっていれば、他人の心の中が見通せるので、
バカ教祖に説いてみればよろしい、私が今何を考えているか分かりますかと
分からなければ、バカ教祖間違いなし、すぐさま脱退することです
普通自分の心の中は他人には分かりませんが、しかし分かってしまうと立つ瀬がありません
その人の前では赤子同然です
ブッタもインド全土において、有名になったのも
当時の大教祖カシャパー仙人が数万の弟子とともに、
彗星のごとく現れた、36歳の若造である、しかもクシャトリア(武士)の出身である
ゴーダマの弟子になった。普通ではまず考えられない現象です
今で言えば、ローマ法王、日本なら池田大作が、今までの教えを捨てたことになる
これは凄いですよ、今までの教えは間違いでしたと言ったんですから、さあ大変

それはゴーダ・、シッタルダが仙人その人に面会したとき、心の中を全て見通したからです。
ゴーダマ「貴方は私を恐れている、本物の仙人ならば、心は安らぎ、恐れなどは、いだかないはずだ」
「貴方は私を追い返そうと、心は燃えている、それが多くの弟子を従えた教祖のすることですか」
この言葉がカシャパー仙人の心をとらえたのです。
「これは本物のブッタだ。」さすがのカシャパー大仙人も赤子に帰ったのです
古代インドでは、観自在(アポロキティ・シュバラー)になった人をブッタと呼んだ、でも誰も見たことがなかったんです。
ブッタは心の曇りを取り除く方法、心の窓を開く方法を
自分の体験を元に、人々に説いたんです。自分を拝めとか、お経をあげろとか、一切言っていません
心が調和されてくると、想念帯に天使が窓を開けてくれるんです。そうすると記憶のテープレコーダが
回転を始めるんです。過去世の記憶が読みがえって来るんです。
遠い過去の記憶、あの世での生活、今肉体を持ってこの世にいることがいかに重大である事か
知ることになるのです。
実際、名声がインド全土におよばず、隣国にまでおよび、ブッタの弟子になろうと
人々が殺到した。中には家庭をかえりみないで、弟子になる人がいたため、在家も認めた
また、当時は戦乱に明け暮れる時代でもあったため、クシャトリア(武士)が死から逃れるため
心の安らぎを得るため弟子になりたくて出家した。
当時は、人の命などは虫けら同然の時代であった。
当時も自然災害などがあり、孤児や浮浪者が沢山いた。
ブッタは誰隔てなく、特に孤児は進んで弟子にしたのです。
そうなると援助する人が現れる、ビンビ・サラー大王やガランダ長者のように
建物や衣服、食料、医薬品など、ブッタを側面から支援する大黒天が現れるのです。
ブッタは言っていますよ、貧しくて布施の出来ない人でも、他人の布施を心から喜べる人は
布施をしたと同じ高徳を受けるでありましょうと
大雨被害でも、お金のない人は無理することないです。
お金のある人はどんどん義援金をしましょう。自分は義援金を送りましたよ
被災された方々は遠慮することないです。今まで払った税金が戻ってきただけです。
それにつけても国会議員共はなにしてけつかるんですかね、義援金は送ったんですかね、
安倍などは億単位の義援金送るのが当たり前です。
加計太郎は義援金送ったんですか、今度確認してみよう。
税金で大学建ててもらって、なにもしないなどもってのほかだ。

こうやって、いづな先生のおかげで、発信できて幸せです。
これもなにかの運命ですよね、どうか、いづな先生に高徳がありますように
| 串かつ | 2018/07/20 12:45 PM |
串かつ先生

コメントありがとうございます。

>会社が永平寺から15分くらいの所にあったんですよ
いぇね、前に務めていた会社の本社が福井県だったんで
研修中、仕事が終わると、毎日のように永平寺に行っていましたよ
別に信仰しているんじゃなくて、境内の環境が良いので、それだけです。

良い場所におありですね。
毎日永平寺なんて素敵です。

>ブッタに言わせれば、勝手に名前を使うんじゃないよ、

今流行っている料理メニューに、「ブッタボウル」と言うのがあるのをご存知ですか。
大皿に穀類や肉や野菜を合わせて盛ってしまう料理ですが。
ttp://news.livedoor.com/article/detail/11880693/
↑頭にhをつけてください。

名前由来は諸説あるようで、精進料理みたいだとか、仏様のおなかに似て丸い体とかです。
美容食とかなんとか書いてありますが、何でも大皿に盛ってしまえるので、我が家では以前より良く食べているメニューです。

>それにつけても国会議員共はなにしてけつかるんですかね、義援金は送ったんですかね、

与党議員は、カジノの方が大事なのでしょう。
日本の国民資産を米国系カジノ企業に差し出したいのです。
安倍はトランプの舎弟ですから。

>自分は義援金を送りましたよ

さすがですね。 
実は私も、役所の募金箱に入れました。

>加計計太郎は義援金送ったんですか、今度確認してみよう。

分かったら教えて下さい。

>こうやって、いづな先生のおかげで、発信できて幸せです。
これもなにかの運命ですよね、どうか、いづな先生に高徳がありますように

あらあら、祈願していただいてすみません。
徳ある串かつ先生にも更に良いことがありますように。
| いづな薫 | 2018/07/21 8:41 AM |
こんばんは。
3月ごろから、ドタバタしていて、やっと夏休みに入り、ゆっくりブログを、、と思って開いたら、時すでに遅し。

いづなさん、仙台に来ていらっしゃったのですね!!
それも塩竃神社!!

仙台にきて、もうすぐ6年。私のなかでの癒しスポットは、塩竃神社と多賀城跡です。

神社内の博物館にも1度だけ。
桜の季節と菜の花が同じで、ピンクと黄色が美しいです。他の地方ではなかなか見られない景色なんじゃないかなぁ、と毎年思っています。

松島の瑞巌寺は、梅と桜を一緒にお花見できたりもするそうでふ。

いづなさんのブログを遡って、私も仙台トリップしまーす。
| ぺんた | 2018/07/23 11:31 PM |
ぺんた様

お久しぶりです。
コメントとても嬉しいです!
こんばんは。
この春から3回ほど仕事やプライベートで仙台に参りました。
仙台、好きですよ。
仙台に行く度、ぺんたさんがどこかにいらっしゃるのだな〜と思っていました。
お元気そうで何よりです。
塩竃神社良いですね。
多賀城跡界隈も、この前ずいぶん歩きましたよ。
今回は、塩竃神社の名刀が見たくて参りまし

〉桜の季節と菜の花が同じで、ピンクと黄色が美しいです。

寒冷地だといっぺんに咲きますよね。
東北以北や標高が少し高いとそうなるのではないですか。

また行きますよ、仙台。
| いづな薫 | 2018/07/27 7:56 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417458
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中