大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 史上初ドイツグループステージ敗退 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< W杯ドイツスウェーデン戦 | main | 鹽竈神社(しおがまじんじゃ) >>
史上初ドイツグループステージ敗退



なんと、前回王者のドイツがグループリーグ敗退してしまった。
ドイツのメディアは、歴史的大惨事だと伝えている。
サッカーは、先に点をとると勢いがつく。一戦め勝っても同じだ。
前回王者ドイツ、初戦でまさかの黒星スタートだったが、第2戦めではスウェーデンに終了間際に劇的勝利。
ドイツは、何度もゴールを試みるもののゴールに嫌われる。
後半アディショナルタイム3分、韓国がキム・ヨングォンが押し込みゴール。
更に3分後にもカウンターからソン・フンミンが無人のゴールに流し込み勝負あり。
ゴールキーパーのノイヤーがおらん。
結局、韓国が2−0で勝った。
しかし、韓国も同じグループリーグのスウェーデンがメキシコに勝利したため、3位で大会を終えた。
王者ドイツは最下位に転落。
1986年、16カ国による決勝トーナメント方式に変更されて以降、同国史上初めてのグループステージ敗退が決まった。

確かに今回のドイツに、前回W杯のような華々しさはない。
手のつけようがないほど強かったドイツ。
それでいて、謙虚で対戦相手にいつも敬意を表すレーヴ監督。世界最高の指揮官と言われて来たが。
私はこの指揮官のファンである。
とりあえず今夜の日本戦を応援する。

【2018.06.28 Thursday 08:04】 author : いづな薫 
| サッカー | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
(`ω´)太平洋戦争時、西野さんが首相なら日本は勝っていたね
いえね、勝てはしないけど、無条件降伏はしてないね
民間企業で人の上に立つ人で45歳以上の人は、今回の下克上大会や
西野監督の采配を理解する、人多いと思いますよ。
決勝トーナメントのベルギー戦、これを考えたら、ポーランド戦は
レギラー陣の半分は休ませる他ない。
日程的にキツイですから、トーナメントの4戦目は体力持たない
つまり、ぼろ負け敗退、日本に帰る。これではダメ、日本の進歩ない
ポーランド戦は勝ちに行かない、引き分け狙いだ。
ところがランキング8位のポーランド、そうはとんやがおろさない
点を取られた時も、ポーランド選手にプレッシャーを与えていませんものね
楽にゴールを与えてしまった。これ見て同点は無理だなと思いました
レギュラーより、やはり少し劣るのかと、素人がすみませんね
西野さんは聞いたと思いますよ、一般の民間企業に勤めている人なら
分かると思いますが、西野「正直に言ってくれ、嘘を言っても始まらない、勝負事だ
どうだ体調は」 レギュラー陣「2戦共、死にもの狂いで戦って、疲れてます。」
「3戦目きついです」 西野「4戦目は死んでるね、このままでは勝負ならん」
八方塞がり状態、このようにするしか方法がなかったんだよね
相手はランキング4位ベルギー、でもいい勝負できると思いますよ

ドイツには、料理で言うところの、隠し味的な選手がいなかったね
皆真面目、正統派チームでは勝てない。アルゼンチンもそう
日本には長友がそんな感じの選手
会社の中でもいるでしょう。なんか変なのが、でも必要なんだよね
憎まれ役とか、怒られ役とか、いるでしょう。自分なんかもそうかも
そう思う人、この指とまれ
| 串かつ | 2018/06/29 9:01 PM |
串かつ先生

コメントありがとうございます。

〉ポーランド戦はレギラー陣の半分は休ませる他ない。
日程的にキツイですから、トーナメントの4戦目は体力持たない

ポーランド戦のヴォルグラードは、35〜41℃にもなる灼熱地獄ですからね。
消耗します。

〉ドイツには、料理で言うところの、隠し味的な選手がいなかったね

守備も攻撃も、パッとしませんでした。
ゴール量産したクローゼはもう代表引退して観客席にいました。

〉日本には長友がそんな感じの選手
会社の中でもいるでしょう。なんか変なのが、でも必要なんだよね
憎まれ役とか、怒られ役とか、いるでしょう。自分なんかもそうかも
そう思う人、この指とまれ

串かつ先生は長友タイプなのですね。
| いづな薫 | 2018/06/30 1:18 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417459
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中