大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 豪雨災害の一方、大臣議員は宴会、カジノ法案 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 剪定の白バラ | main | 犬山城 >>
豪雨災害の一方、大臣議員は宴会、カジノ法案



西日本が災害で大変だと言うのに、国会はカジノ法案に躍起になっている。
「国民の生命財産を守る」なんて本当に空々しく聞こえる。
カジノではなく、国会で今やらなければいけないのは災害対策である。
豪雨災害起きている一方、安倍ら議員は東京赤坂で宴会。
カジノで人が死ぬか?その審議、今必要なことか?宴会はもっての外である。

【2018.07.11 Wednesday 09:59】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
(`ω´)カジノ法案よく分からないが
いえね、博打法案とか、瑞穂議員が言っていましたが
博打と思っているのは、お金をつぎ込んでいる人だけですから
元締めは博打と思っていません。商売と思っています。
会社として利益を出す、当たり前
人件費、光熱費、雑費、借金返済、管理費等
玄関を開ければ、必然にお金が必要、それを
博打と思って勘違いしている人から巻き上げる、至極当然の商売
つまり、元締めは全てのシステムをコントロールしていて、はじめて商売になる
今日儲かった。昨日損したなど、企業、会社にはそんなこと存在しない
そんな事してたら3日で倒産ですよ、パチンコ店は台換える、新しく出店する
お金かかってんですよ、博打なんかやる訳ないでしょうよ、全て計算ずくです

あれですよ、パチンコなら機械の誤作動を期待するか
店側が儲かりすぎて、還元する日を狙って行くか、しないと勝てませんよ
なんでも400回やって1回しか勝てないようになっているそうです
カジノはデーラーの腕が落ちた日、体調の悪い日に運よく当たるかしないと
勝てませんよ、あるいはカジノ側が儲かりすぎて還元する日
ルーレットあるでしょ、狙った番号にピタリと玉を置けるそうですよ
プロは、またそのような腕の達デーラーしか客の前に立たせないそうです
自分も練習して置けるようになれば別ですけど、スカウト来ますよカジノ側から
カードも自由自在にコントロールできるそうです
どうです。お金があって、全て知っていて遊ぶならカジノも良いでしょう
儲けようなんて人はバカです。大バカです。無理なようになっているんです。
お金があって、今日は100万負けてもいいや、て人ならどうぞ、おやりください
100万遊べばいいのですから、生活費もつぎ込むバカは止めた方がいいです
絶対勝てません。そうなってるんです。

だからさ、汗水たらして稼いだ金をパチンコにつぎ込む人いるけど
バカじゃないの、てんです。
カジノ法案は廃案すべき、よく分かりませんが、とにかく廃案
| 串かつ | 2018/07/16 5:56 PM |
串かつ先生

コメントありがとうございます。
カジノ法案通るでしょうね。
ずいぶん早くから広範囲に根回ししていたそうです。
音大とか芸術系大学など、カジノと一見関係ないような所まで協力を求めたそうです。
外資系のカジノ産業が手ぐすね引いて参入しようとしているわけでしょ。
その産業と推進議員は何らかの利害関係があると考えるのが普通です。
カジノは、外国人客も利用するのでしょうが、日本人も多く利用しますね。
日本の富を流出させ、外国資本を潤す法案です。

私個人で言えば、自分の判断と関係ないところで資産を失う博打は理解できません。

安倍が是が非でも今会期中にカジノ法案通すつもりです。
西日本の災害被災した方は、紛争地域並の待遇に置かれています。
自国民より外資系資本を潤す首相をなぜ日本国民が支持するのか。
日本の未来は暗いですよ。
安倍が辞めたって安倍路線は継続すると思います。
日本国民自体が自分が奴隷的扱いを受けていることに気がついていないのですから。
かつてアジアのトップを走り、米国さえしのごうとしていた日本。
日本を追い越して行く国々を認めず妬み憎悪を募らせ、その醜い感情を利用しているのが安倍政権です。
| いづな薫 | 2018/07/18 8:33 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417464
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中