大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 沖縄知事に玉城氏が当選確実 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 国民に知られたくない重要ニュース | main | 読書の秋 >>
沖縄知事に玉城氏が当選確実


これから、東京は台風直撃ですわ。
荒れて来ています。
台風地域の皆さま、何卒お気をつけてお過し下さい。

【2018.09.30 Sunday 21:50】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
(`ω´)五月雨を集めて早し最上川
いぇね、季節はずれの句ですがね、今時期
山形は芋煮会がまっさかり
自分も仕事で8月から11月まで新庄市に滞在していたもので
大変ですよ、芋に会。
地元では一大イベント、休日のたびに芋煮会に参加
仕事関係者はお得意先の芋煮会をはしごです。
一日に3〜4ヶ所まわる、しかもただではいけない
会社関係や親戚関係、友達関係の芋煮会に出席、魚、肉、缶ビール持参
呼ばれたら、今度は自分の芋煮会に来てもらう。休む暇なし疲れる

山形の近くに鳴子温泉があります。鳴子のコケシで有名
コケシ別名は子消、昔貧しい農村、しかも寒くて農作物が育たない
でも子供は生まれる。間引きする、手にかけた幼い子供を思い
コケシを造る。
辛い人生を忘れるかのように、これから来る厳しい冬の季節を前に
酒を飲んで騒いでもいいでないかえ
ドンドコドンドンドン、カンカン、ドンドコドンドンドン
沖縄県民はさすがだよ
| 串かつ | 2018/10/01 6:41 AM |
串かつ先生

コメントありがとうございます。

〉芋煮会がまっさかり
自分も仕事で8月から11月まで新庄市に滞在していたもので大変ですよ、芋に会。
地元では一大イベント、休日のたびに芋煮会に参加

大きな鍋で煮るんでしょう。
芋煮会には行ったことがないのですが、家で芋煮します。
里芋、肉、ネギ、豆腐あと何入れるんですか。
美味しいですよね。
里芋は足が早いのでさっさと食べてしまおうと始めたものでしたか。

〉仕事関係者はお得意先の芋煮会をはしごです。
一日に3〜4ヶ所まわる、しかもただではいけない
会社関係や親戚関係、友達関係の芋煮会に出席、魚、肉、缶ビール持参
呼ばれたら、今度は自分の芋煮会に来てもらう。休む暇なし疲れる

凄いですね!
そんなことになっているのですか。
私は、お気に入りだった六本木のブラッセリーが閉店してしまい、新しいレストランを開拓中です。
オープンガーデンで外で料理を楽しめるのが良かったのですが。

こけしは、悲しいお話がありますね。

沖縄県の皆様、さすがでございます。
政府が金出すからそこにいるわけでしょう。
米軍基地、日本にいらないです。
| いづな薫 | 2018/10/01 9:27 AM |
先日わが空の上を 軍の(どこだか?)大型ヘリが爆音を響かせながら
飛行していましたが 何事かと外に飛び出した次第
あんな音を毎日何回も聞かされ 
人害も頻繁な沖縄の方々 本当にお気の毒です
その他 基地のある街もですが。。

玉城氏の海兵隊移動提案は差し当たっての良案でしょうか

沖縄の民意が我々にもぐっと浸透するように願います
| さくら | 2018/10/02 12:21 PM |
さくら様

コメントありがとうございます。
日本に利益のない他国軍が、日本の金で居座り続けることに疑問を持たない日本人が多すぎますね。
沖縄県知事選で玉城さんが当選したことを、ニューヨークタイムズが
社説に取り上げています。
玉城さんも、「普天間・辺野古の問題はアメリカの多くの人々と民主主義という価値を共有することで解決できる」と述べています。
彼が米国人とのハーフと言うこともあり、アメリカの良識世論に訴えかける力があります。
だからこそ、安倍は絶対潰したかったのでしょう。安倍は米軍産複合体のイヌなので。
いやはや、とんでもない首相が日本にいますね。
| いづな薫 | 2018/10/03 10:12 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417479
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中