大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 京のかたな 来派その2 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 京のかたな 来派その1 | main | トランプ共和党敗れる。 >>
京のかたな 来派その2


来国俊の子供や門人たち

来派の巨匠、来国俊の門人たちを見て行きたいと思います。

まず、来光包(らいみつかね)
言い伝えに、比叡山延暦寺の根本中堂にこもり祈願して作刀したとあり、「中堂来」の呼び名があります。
太刀は、未だ見つかっておらず、短刀では伊達藩、徳川家、福井松平家に伝来したものがあります。
今回、「京のかたな」で展示されたものは、伊達家伝来の光包(みつかね)です。
光包(みつかね)は異色の刀工で、来国俊に師事する前は、長船長光に刀を習ったと言われます。
現に、伊達家や松平家伝来の刀は来派ににて直刃であるのに対し、徳川家伝来のは長光や景光に似た乱れ刃です。


了戒(りょうかい)
来国俊の17歳の時の子。若いとーちゃんだな。
了戒がお坊さんみたいな名前なのは、出家しているからです。
太刀も短刀も作風が、父親の来国俊(三字銘)にとても似ています。
小板目、柾目心が交じり、白気(しらけ)のような映りが見えます。
典雅で美しい直刀も、小丸に返る帽子も父来国俊をほうふつとさせます。


来国次(らいくにつぐ)
鎌倉時代以降、お世継ぎが生まれると刀を献上するのが武家の習わしでした。
その刀に選ばれるのが、これ来国次(らいくにつぐ)です。
守り刀と言うだけでなく、「国を継ぐ」と言う意味合いがあります。
来国俊の弟子です。
鎌倉時代末期の名工です。

太刀は少なく、短刀、小脇差が比較的現存しています。
世継ぎに献上された刀も、短刀が多いです。

地刃の沸(にえ)が厚くつき、地景が現れ、刃文は直刃小乱れが交じり、足、葉盛んに入ります。
相州伝の特徴を表しています。
相州の正宗十哲の一人に数えられ、「鎌倉来」の称号があり来の中では一段高い評価があります。
正宗十哲とは、山城から来国次と長谷部国重、美濃から兼氏と金重、越中から義弘と則重、石見から直綱、備前から 兼光と長義が鎌倉の正宗の元にやって来て師事したとなっています。
しかし、元寇と言う未曽有の大事件の後に、各地から名工たちが実際にやって来るのはちょっと無理があります。

元軍の柔らかい革鎧と闘える刀を作るため、各地の刀工たちが、みな研究した結果出来た刀が、高温焼き入れに沸(にえ)出来の刀だったのかもしれません。

【2018.11.05 Monday 20:27】 author : いづな薫 
| 刀剣 | comments(3) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
(`ω´)新撰組の胴太貫
いぇね、胴太貫といえば新撰組だろうと思いましたが
誰も使っていませんでした。マジで(;`ω´)
新撰組副長・土方歳三所用の刀も特別出品!
美しき刃たち−東京富士美術館コレクションと福島の名刀−
戊辰戦争150周年に合わせて
会津藩と行動をともにした、日本最後の侍新撰組副長・土方歳三所用の刀も特別出品
2018年7月13日(金)〜8月19日(日) 終了してます
幕府を倒そうとする浪士たちを取り締るために、京都守護職として動き
天皇からも信頼された「官軍会津藩」を紹介します
近藤勇、土方歳三、斎藤一、皆さん名刀を所持しています

和泉守兼定これ、オーラを放っています。魅了されました
武士の魂ともいわれる日本刀。会津でも多くの名刀が作られました
幕末期の刀としては特に脚光を浴びている「和泉守兼定」いづみのかみかねさだは
新選組副総長土方歳三の愛刀であったことで有名です。会津藩主松平様から頂いたそうです
太刀 銘 備前國長船住近景 建武二年五月日 重要文化財 東京富士美術館
土方歳三所用刀 銘(葵紋)以南蠻鐵於武州江戸越前康継 佐藤彦五郎新選組資料館
重要文化財 東京富士美術館太刀 銘 一(福岡一文字)
太刀 銘 有綱 重要文化財 東京富士美術館
刀 折返銘 正恒(古備前) 重要刀剣&nbsp; 東京富士美術館
刀  銘 和泉守藤原兼定作  東京富士美術館
刀  銘 長曽祢興里入道乕徹  東京富士美術館
田舎でもいろいろ展示していますよ(`ω´)
| 串かつ | 2018/11/06 11:54 PM |
11月7日夜 NHKで刀やりますよ
| 串かつ | 2018/11/06 11:56 PM |
串かつ先生

刀にもコメントいただき、恐縮です。
ありがとうございます。

土方愛刀そのものではありませんが、和泉守兼定は結構持たせていただく機会あります。
白け映りと言って、白く息を吹きかけたような柄が地鉄に出ます。
美濃の刀の特徴です。
新選組は人気があるので大きな声では言いませんが、と言うかここで書いている以上大きな声で言っているのも同じですけど、
武士は、上に行くほど刀抜かないものなのですよ。
新選組の主要メンバー武士ではないと言えばそれまでなんですが。
武士が終わる時代に、武士になって、刀振り回してどうするんでしょう。
新選組の人気は創作物の世界のもので、歴史的評価は高くありません。
沖田が持っていたということで、加州清光も人気ですね。

>近藤勇、土方歳三、斎藤一、皆さん名刀を所持しています

彼らに名刀を持たせるのはもったいないです。

>武士の魂ともいわれる日本刀。会津でも多くの名刀が作られました
幕末期の刀としては特に脚光を浴びている「和泉守兼定」いづみのかみかねさだは
新選組副総長土方歳三の愛刀であったことで有名です。会津藩主松平様から頂いたそうです

そうです。
美濃から3代目以降の兼定が移住しています。
有名なのは美濃の2代め兼定です、「之定・のさだ}と言われる人です。美濃の関で活躍しています。

>土方歳三所用刀 銘(葵紋)以南蠻鐵於武州江戸越前康継

康継は、家康のお抱え刀工で、「康」の字をもらいました。

>11月7日夜 NHKで刀やりますよ

ヒストリアですか。
NHKは、京のかたな展に協賛しているんですね。
| いづな薫 | 2018/11/07 8:36 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417486
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中