大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 サッカーの話 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< ザクロ料理 | main | 京都醍醐寺展 >>
サッカーの話


サッカーの話を書く。
私はサッカーファンである。
日韓W杯の頃は、スタジアムにも足を運び日本代表も盛んに応援していたが、
ドイツのファンでもある。
で、そのそのドイツチームのことを書く。

2014年のW杯優勝が、このドイツチームである。
当時はメッシやロナウドの全盛時代だが、そう言うスター選手も特にないのに、手堅くとにかく強かった。
ドイツに死角なしとも言われた。

そのドイツが、今や冬の時代である。
当時強かったスペインもオランダも芳しくないが。
2018年年月のFIFAランキングまでは1位で、今年のW杯も優勝候補に挙げられていた。
私も、ドイツかフランス、ブラジル、ベルギーのいずれかが優勝するのではないかと思った。
フランスは優勝したが、驚いたのはドイツ。
ドイツが、グループリーグ敗退してしまったのである。

ドイツ初のW杯グループステージ敗退…。
今年10月、ドイツ代表は、 UEFA(欧州サッカー連盟)ネーションズリーグでオランダに負けた後、レーブ監督は、朗らかにインタビューに答えていたが、 その後、対戦予定だったのは王者フランスである。

※UEFAネーションズリーグと言うのは、UEFA(欧州サッカー連盟)加盟国の大会である。
(余談だが、今年日本代表監督候補を決める時、ドイツ人のクリンスマン氏と言う監督の名が挙がったが、彼はレーブの先生である。)

そのフランスに負けた。王者フランスに。

11月16日に対ロシア、20日に対オランダがある。

ドイツのレーブ監督は、危機的状況にも希望を捨てていないようだが、これに敗れるとなるとまさに一大事。

レーブ解任論ももちろん出ているが、解任しても後釜どうするかって言う問題がある。
15人ほど候補がいるが、ドイツで大人気のユルゲン・クロップ監督は現在グのイングランドプレミアリーグのリヴァプールFCの監督である。
フランスのジダンや、元ドイツ代表のクローゼなんかも名も挙がるけどこれはない。
レアルマドリード監督を今春まで務めたジダンの声も上がるが、彼はドイツ語を話さない。
クローゼの名が挙がるのは何かの間違いか。
監督になるには、それだけの戦略知識も勉学も必要。
著名選手は選手時代が長いため、監督としてのスタートはそれだけ遅れることになる。

監督解任しても、あんまり変わらないと思うけどな。
選手が変わらないのだし。
私はレーブの戦略ファンなので、辞めてほしくない。
サッカーは、勝ち癖がつくと勝つし、負け癖がつけば負ける。
本番になると、しぶとく勝って来たドイツチームだから、挽回して欲しいと思っている。

ヨーロッパ各国の対抗試合は、ともすればW杯以上にレベルが高い。
現在FIFAランク50位の日本にとっては、およそ雲の上の話。

【2018.10.28 Sunday 14:02】 author : いづな薫 
| サッカー | comments(0) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417487
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中