大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 下村観山 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 小龍景光 | main | 白花豆と冬野菜のスープ >>
下村観山

白狐(びゃっこ) 下村観山(しもむらかんざん 1873〜1930)筆 東京国立博物館

私は子供のころ、お気に入りの本にこの白狐の紙をブックカバーにしていたので、とてもなじみのある絵。笑
観山の思想上の先生である、岡倉天心は、ボストン美術館中国・日本美術部長をしていた頃、オペラの台本「白狐」を書いた。
それに影響されての作品か。
下村観山は、茫漠とした風景を描きながらもそこには深い精神性が現れる。
東洋的な風景と高い画力、自然と人が作り出すドラマを描こうとする画面構成が実に巧み。

【2018.12.17 Monday 10:05】 author : いづな薫 
| 芸術 文化 書籍 | comments(0) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417495
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中