大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 無銘 志津 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 福岡一文字 | main | 太鼓鐘貞宗 >>
無銘 志津


刀 無銘 志津 名物分部志津(わけべしづ) 南北朝時代 個人蔵

重要文化財です。
紀州徳川家伝来
ご覧下さい、この刃文。 スマホのカメラで撮ってもこの見事さです。

造った刀工は志津三郎兼氏。
分部と言うのは、伊勢国奄芸郡上野(いせのくにあんきぐんこうずけ・三重県津市)の城主:分部光嘉(わけべみつよし)が持っていたことからつけられています。
関ヶ原の戦いの時、分部光嘉(わけべみつよし)は、東軍側の武将で、家康の会津上杉征伐に加わっていました。
そこへ、西軍挙兵の一報が入り、現在の三重県まで帰国。
居城の上野城を棄て、軍勢を率いて安濃津城に入城し、そこの殿様・富田 信高(とみた のぶたか)共に城を守ります。
でも、1700人しか軍勢がいなかったため、高野山に避難しました。
西軍と戦ったので、家康に所領は安堵され、その時この刀を献上したと思われます。

家康から、息子の紀州頼宣がもらって、それ以来紀州家に伝来しました。
戦後、紀州徳川家を出て、現在、重要文化財です。

【2019.02.04 Monday 16:55】 author : いづな薫 
| 刀剣 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
(`ω´)切れ味抜群
いぇね、やっぱ刃物は砥いでなんぼですよ
竹中工務店の大工道具館に、行ってみてはいかがでしょう
大工の弟子は、親方から研ぎ方の方法から教わります
砥石も研ぐと表面が湾曲してきますから、砥石も研がなくてはいけない
平らでなければ刃先に力がいきませんからね
カンナ、ノミ、チョウナ、マサカリ、ノコギリと、作者の名前が刻んであります
その点は刀と同じ、カンナは吾妻源氏とか、高いものは、やはり切れ味抜群です
切れる刃物は、仕事してても楽なんですよ、少しの力でスムーズにいく
切れないと、力まかせでやりますから、疲れるし、道具も痛むし、仕事も進まない
だから親方は刃物の研ぎ方から、教えるのです
だから大工さんの腕の良し悪しは、道具を見れば分かります
腕の良い大工さんは、道具を大切に扱います。手入れも行き届いています
竹中工務店の大工道具館は、国宝の神社仏閣や数奇屋建築を造って来た
職人達の道具を展示してあるのです

それと設計と墨付けです。
これは親方・棟梁の役割。差し曲尺と墨壺と絵図板、尺棒だけで
木材に墨を付け、加工に渡す。流れ作業だ。
屋根の勾配、反りは、見栄えはどうだ。全て棟梁の頭に入っている
木材の大きさはどれほどか、材料の種類は、杉、松、ヒノキ、強度はどうだ
材料調達、輸送は、安全管理はどうだ。衣食住は衛生管理はどうだ
巨大な国宝姫路城なんか凄いですよね、都市計画、城郭、給排水衛生、備蓄
行き当たりばったりでは出来ませんよ、天才の集団がいたんだね
大名も一目おいていたでしょう
今も同じだけど、表に出ませんよね、晴れがましさには縁がない仕事です
誤魔化しのきかない仕事、手を抜けない仕事です

ひるがえって、なんですか安倍自民党・公明党政権は、誤魔化しだらけではないですか
こんな連中、民間では使いもになりません。3日もたないでしょう
楽しよう、楽しようとしてるだけです。ろくな者んじゃないです
| 串かつ | 2019/02/05 7:33 AM |
串かつ先生

お疲れ様です。お仕事ご盛況で何よりです。

>竹中工務店の大工道具館に、行ってみてはいかがでしょう

竹中工務店さん、かの織田信長の家臣が創業者ですね。
竹中藤兵衛さんです。
上司の信長死んじゃったし、江戸時代になって尾張国で神社やお寺造り始めました。

>砥石も研ぐと表面が湾曲してきますから、砥石も研がなくてはいけない
平らでなければ刃先に力がいきませんからね

わかります。刀剣は研ぎに出しますが、包丁は砥石を使い自分で研ぎます。
料理好きなので、包丁にも凝ります。

>切れる刃物は、仕事してても楽なんですよ、少しの力でスムーズにいく

そうなの、そうなの。すごくわかります。
最近、のこぎりも買いました。少ない力で軽く伐れます。
男性と違い腕力は少ないので、切れ味でカバーしてもらっています。

>腕の良い大工さんは、道具を大切に扱います。手入れも行き届いています

本当そう思います。

>竹中工務店の大工道具館は、国宝の神社仏閣や数奇屋建築を造って来た
職人達の道具を展示してあるのです

もしかして、初代の頃の道具とかありますか。江戸時代初期です。
見に行きたいです。

>ひるがえって、なんですか安倍自民党・公明党政権は、誤魔化しだらけではないですか

嘘の上塗り、虚構で出来ていますね。
| いづな薫 | 2019/02/05 11:31 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417500
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中