大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 70歳就業、義務化検討 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 仏マクロン政権とゴーン | main | 入管法採決 中継 >>
70歳就業、義務化検討


凄まじい社会になって行く。
年金もらっても、寿命は何年残っているか。
健康寿命のうちは、働けって政府は言っている。
他の先進国は、労働時間が日に8時間超えていない。
日本は、国民を長時間働かせ、しかも低賃金。
先日、大阪万博誘致が決まった。五輪や万博などイベントさわぎで、日本人はごまかされている。
大阪の埋め立て島、夢洲(ゆめしま)が会場だが、2024年までカジノやって2025年に万博、それ以降はカジノ。
つまりは、万博のためと称してインフラが整えられ、カジノに使われると言うことだろう。

以下はデンマークの人びとの生活形態のグラフである。日本こうしたい。でもやらないのが日本。

北欧は税金が高いが、社会保障も手厚い。
大企業とごく一部の超富裕層だけ儲けて、多くが豊かでない日本とは違う。

【2018.11.27 Tuesday 12:02】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(3) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
何から何まで 真っ暗闇よ(`ω´)♪
すじの通らぬ ことばかり
右を向いても 左を見ても
ばかと阿呆の からみあい
どこに男の 夢がある
「古い奴だとお思いでしょうが、古い奴こそ
新しいものを欲しがるもんでございます。
どこに新しいものがございましょう。
生まれた土地は荒れ放題、今の世の中、
右も左も真っ暗闇じゃござんせんか。」
「なんだかんだとお説教じみたことを申して参りましたが
そういう私も日陰育ちのひねくれ者、(`ω´)
お天道様に背中を向けて歩く…馬鹿な人間でございます。」
真っ平ご免と 大手を振って(`ω´)♪
歩きたいけど 歩けない
嫌だ嫌です お天道様よ
日陰育ちの 泣きどころ
明るすぎます 俺らには

鶴田浩二 傷だらけの人生 歌詞

ゆうときますけど
70歳以上で何人、何パーセントの人が働けるか計算したんですかね
70歳以上で働ける、健康で体力があり、病院にも通院していない
三食確実に栄養が取れて、お風呂も毎日入れて、睡眠が取れる、休日は娯楽
30代、40代の人間じゃないんだよ、馬鹿じゃないの異常な人間の考える事だね
歯も丈夫だ、なんて人間男女で何人働けるのさ、馬鹿でないの発達障害め
役人は特に霞ヶ関の馬鹿役人共は東大卒の発達障害者だから、世間知らずで馬鹿
おそらく10パーセントもいないんじゃないの、その他年金も、もらえず野たれ死にせよ
と、安倍自民党・公明党政権は言っております。
いつか天罰下るわ
| 串かつ | 2018/11/27 5:00 PM |
(`ω´)痺れる
いぇね、鳥肌立ちましたよ
閻魔大王に報告しておきます
| 串かつ | 2018/11/27 5:03 PM |
串かつ先生

コメント感謝いたします。

>70歳以上で何人、何パーセントの人が働けるか計算したんですかね

今日、入管法が可決されましたが、時給300円の労働者を増やす法律です。
これ、外国人実習生用ですが、そのうち日本人に適用しますよ。
高齢で十分働けない人、病院に通う方は安く使うとかするんじゃないですか。
だから、時給下げているのではないですか。
そう言う非人道的なことを平気でやるのが安倍政権です。
国民を疲弊させる政治を行えば、安倍の支持率上がるのですから。
国民の怒りが、その原因である権力者に行かず、別のものに行くんです。
怒りの矛先は必ずしも、元凶である必要はないのです。八つ当たりだそれです。
テレビ、ソーシャル・メディアが怒りを煽り、利益を得ています。
怒り産業ですね。

消費税を19%にするのが経団連の希望です。
これも、自民党は経団連の言うこと聞くつもりです。
お先真っ暗な日本です。
日本は大丈夫、日本えらい!って言っているバカな日本人見るともうがっかりします。
本当に向上心のない国民性になりました。
| いづな薫 | 2018/11/27 8:12 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417512
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中