大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 自然の摂理と微生物 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< クリムト展 | main | 老後に2000万必要 >>
自然の摂理と微生物


まず上は、我が家のバラ、フロレンティーナ。
房になって咲き、黒星病、うどんこ病に強くとっても丈夫な良い花です。

さて、うちの庭の微生物の話。
我が家の庭にはいろんな植物が生えている。
それらすべてを私は無農薬で育てている。
もちろん虫に食われるし、病気にもかかる。
でも、有用な微生物を噴霧し、増やすことでなるべく自然の環境に近づけようと努力している。

で、ひとつ問題になっている桜に生えたベッコウタケ。
前にも書いた困ったキノコである。
これが、この春、昨年以前に噴霧したベッコウタケの天敵微生物トリコデルマによって駆逐されていた。
カビやキノコの表面の多くはキチン質に覆われている。
キチン質は強硬な結晶構造を持っていて、キノコ本体を保護しているのである。
でも、酢やトリコデルマにはキチン質を溶かす性質がある。ちなみにトリコは酢が好きである。

今年はまだトリコデルマは撒いていない。
先日気温が30℃以上に上がり、ベッコウタケが復活していた。
でも、またベッコウタケの表面が汗をかき、変化の兆しが見えていた。
心持ち、ベッコウタケの色が変色しているように見える。

ベッコウタケの方がトリコより早く育つが、追いかけるようにトリコが増えて来る。
ベッコウタケ明らかに黒く変色。薄緑色のトリコが増殖している。
ベッコウタケは、2日間でトリコデルマに覆われた。

今この段階。
今年は治療を施すこともなく、自然の摂理を、私は日々淡々と見守っている。
まだまだ観察を続けなければならないが、今年はトリコ治療を始めて3年、かなり違う展開を見せている。

【2019.06.10 Monday 09:01】 author : いづな薫 
| バイオ園芸 | comments(0) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417561
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中