大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 参議院議員選挙公示 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 自民党を支持してきた皆様へ | main | 朝倉氏一乗谷遺跡 その4 >>
参議院議員選挙公示
令和初の参議院選挙、本日7月4日公示、2019年7月21日投開票である。

今回は何といっても、「年金問題、年金は足りないから2000万円ためとけ!」が焦点である。
自民党は、争点じゃない、絶対違うと火消しに躍起だが、争点はこれしかない。

金融庁がデータを出した、「老後に年金が2000万円不足する」問題。
えっそんなこと聞いていないよ、年金で足りるって言ったじゃない、と国民は大騒ぎになった。
しかし、これ、政府が意図した所と別の問題で国民が騒ぎ出した。

「2000万円不足するから、金融資産を吐き出して投資しなさいよ!」と言ったのである。
       ↓
投資すると、経済活性化で景気が良くなる。
       ↓
景気が良くなると、安倍政権が「ほーらおまえら(国民)、俺たちのおかげで景気良くなっただろ。
支持しろよ、票入れろよ。」となる。

お金を増やそうと、投資するのは、ある程度の資産ある人である。
今の高齢者はそれより下の世代よりは資産は持ってはいるが、多額の投資する人は大多数ではない。
年金2000万円不足と言うが、この基準って厚生年金受給者ですよね。
国民年金の人は、この何倍か自己資金が必要だと思う。

とにかく、政府が意図しないところで国民が騒ぎ出し、焦ったのが安倍政権。
「金融庁の大バカ者‼」と安倍がののしった。
金融庁ではこのデータを、金融、経済の専門家が作成に当たったはずである。
経済無知無能の安倍に「大バカ!」って言われて、なんで、反論しないのさ?

専門家と言うのは、どんな分野でも自分の研究から、真理をはじき出すのが仕事である。
それを、実現させるのが、政治で言えば政治家の仕事である。

今の日本は、安倍政権の都合良いデータしか、公的には認められなくなっている。
もう、政府がこんな風になった時点で国として終わりだと言っておく。
実存するものの、真実もすべては安倍にとって都合が悪ければ、なかったことにされている。
森友も加計も、年金問題もである。

国民はそれを許して良いのか。
いいわけない。

参議院選挙では、おかしいと思った政党、候補者には絶体投票してはいけない。
他にいないからと、安倍政権に入れてはいけない。
犬でも猫でも安倍よりはましである。
   

【2019.07.04 Thursday 08:45】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
(`ω´)こいつら馬鹿だからね
昔から、馬鹿は居ました。
でも人に迷惑はかけなかったね不思議と
しかしこいつら人に迷惑かけて平気の馬鹿だからね
毎日新聞が200人の人員削減を発表しましたね
新聞離れが加速していますね
そりゃそうですよ、真実を報道しないんですから
テレビもそう、みずから首絞めているの気がつかない
国民は馬鹿じゃなないよ、ちゃんと判断してんだからね
国民は実害がおよぶなら反撃にでるからね
いつまでグダグダ言ってんじゃね〜よ、めんどくさいと
この政党いらね〜やと思えば、この世から消すからね
なにが消費税10%だ、可笑しくてお茶がへそを沸かす
消費税10%反対である。消費税廃止できるように工夫しろ
安倍自民党・山口公明党は日本から出て行け
野党も同じだ、現職全員落選させましょう
地獄を味合わせてやりましょう
国民をなめると地獄を見るぞ
政党なんて四つもあれば十分、新聞社も三つもあれば十分、テレビも同じ
テレビは普通ただだべ、お金払ってまで、普通見ないよ
コーヒーの飲みながら本読んでるよ
携帯もスマホも三社あれば十分、いや安ければ一社で十分
あといらない、潰れてくれ、国民は助かる
ソフトバンクは日本国に税金払ってないそうじゃないですか
それでいて役員報酬、株で年間100億だって、ふざけるな
国民はめんどう〜くさいのは嫌いなんだ
その点は、れいは新撰組はハッキリしてっから好きや
れいは新撰組でいいんじゃない。やってもらいましょ
借金が1200兆円はたいした事ない、返せる
いざとなれば国民は協力する、しかし条件がある
事務方役人を今の三分の一に減らす事、給与も同じ
国会議員を三分の一に減らす事、歳費も同じ
消費税は20%にして三年で廃止する事
税金を散在した政党、自民党・公明党から財産を没収する事
自民党・公明党の不動産を競売にかけて、国庫に収める事
それとオリンピック関係者の財産も没収する事
歴代外務次官の財産も没収する事
| 串かつ | 2019/07/04 5:51 AM |
串かつ先生

連投ありがとうございます。

>毎日新聞が200人の人員削減を発表しましたね

そうですか。新聞はもう未来がないです。
一番潰れて欲しい読売は削減しないんですかね。

>そりゃそうですよ、真実を報道しないんですから

そうです。読む価値ないです。

>テレビもそう、みずから首絞めているの気がつかない

特にニュース報道って、安倍のための広報でしかないです。
年金2000万円のデータ出した責任者が辞めましたね。
真実書くと退任、改ざんすれば自殺、改ざんしてのうのうと生きている連中は出世です。
もう日本は文明国ではないんですよ。

今まで集めた消費税も16%しか福祉には使われていません。
なのにまだ欲しがる。
なぜこんな政権を5割近くの国民が支えているのでしょうか。

>ソフトバンクは日本国に税金払ってないそうじゃないですか

本社が日本ではないのですね。

山本太郎さんは比例区で出馬して、名簿順位3位だそうです。
れいわ新撰組は比例区で3人当選しないと、太郎さんが落ちると言うことです。
| いづな薫 | 2019/07/04 12:29 PM |
(`ω´)一位じゃないんですね
退路を断ちました。この選挙に勝負に出ました
どこかの老害議員と違いますね
当選するか、紙一重でしょう
今後の選挙活動は命がけ、命をかけました
迷い、執着、名誉、金を絶たなければ、国民に本当の言葉を
伝えられないと判断したのでしょ、この人は命を捨てている
この人の発する言葉は本物でありましょう

新津春子さん、見ましたよ、前回も見ました
この人の体からは、柔らかい金色の光が放射されています
神がおしみなく慈悲の光(エネルギー)を与えている
ブッタも説法しているとき、強烈な光を体から放ち
夜にもかかわらず、講堂が真昼のような明るさになったといいます
皆その光を目撃し、生きている人間に合掌するという
前代未聞の出来事が続発したといいます
大国の王であるビンビ・サラー王も、合掌という行為をなんなくさせる
ブッタの偉大さに、よくぞこの時代に出現してくださいましたと感謝、感謝
あの世は9次元まであります
あの世でも、上の人たちは次元が高いため、まず一緒には住めません
あの世でも、上の人たちは光って見えません
でも、この世。三次元(物質世界、色の世界)は、皆一緒で肉体をもって
修行するため生まれてきます。
普通なら到底合えない菩薩様、如来様に合えるのです。接触できるのです
同じ時代に生きている、肉体を持つことが出来たことを感謝すべきです
うらやましいよね、8次元に住む、ブッタの説法を生で聞けた人達が
この世は行為の場なんです。あの世で学んだ事を、行う場、実践の場なんです
それをしないで、神に助けてくれと言っても、相手にされないですよ
中高年のニートが多数いるってんでしょ、馬鹿じゃないの
両親も自ら、あの世で、お願いして親になって、もらっているのです
歌舞伎の市川海老蔵さんがテレビの番組で
あの世で、生まれる前、自分の両親の子供になる人がいなかったので
後ろにいた、自分が手を上げて、親子にしていただいたんだと言っていました
これ、本との本とです
あの世はありますよ皆さん、地獄もね
| 串かつ | 2019/07/04 1:57 PM |
串かつ先生

連投感謝申し上げます。

>一位じゃないんですね
退路を断ちました。この選挙に勝負に出ました

そうなんです。山本太郎さんが落選したらどうしようって本気で思いますよ。
私は、太郎さんは米国民主党のオカシオ・コルテス議員に政策内容が似ていると思います。
彼女は、元ウェイターで今大変人気のある議員です。

太郎さんが民主党の中にいると良いと思ったこともありましたが、れいわ新撰組の勢いを見ると、日本新党の細川さんが出てきた時に似てきました。
れいわ新撰組のキャッチコピーがなかなかイケています。
「あなたに忖度」「山本太郎を総理大臣にしてください。」
まだまだ、いろんな戦略を繰り出してきそうです。
選挙参謀は誰でしょうね。
私も個人献金しようと思います。
| いづな薫 | 2019/07/04 3:32 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417568
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中