大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 三国志展に行って参りました。その1 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 森友問題終結させるのか。 | main | 三国志展に行って参りました。その2 >>
三国志展に行って参りました。その1


東京国立博物館で開催中の「三国志展」に行きました。 入ってすぐあったのが、関羽像、明時代15〜16世紀。広告にもなっている像です。




儀仗俑 後漢時代 2〜3世紀 当時の馬車や、風俗画リアルにわかりますね。




四層穀倉層 建物のミニチュア。2階までが穀倉で3階以上は物見やぐら。後漢時代2世紀。




これがなー。ちょっと大変なモノ。豚のファミリーが家の庭にいるですが、左の小さな小屋は人間のトイレ。 トイレから落ちて来た物を豚が餌として食べる。えー。

【2019.08.25 Sunday 08:49】 author : いづな薫 
| 芸術 文化 書籍 | comments(3) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
( =゚ω゚=)すばらしい
この前民放の番組で、中国の山奥の村
大きな池があり、そこの中央に小屋の共同トイレが設置してある
トイレまでは桟橋を渡って行くのだが、結構上下に揺れる。スリル満点
池には鯉が沢山、口を開けてウンコが落ちてくるのを、待ち構えている
大きくなった鯉を、村人がおいしくいただく
( =゚ω゚=)すばらしい
池には上流から山の水が絶えず流れ込んでいて、浄化作用は抜群であろう
天から雨も降る
東京都水道局は見習ってほしい。水道料金はもっと下がるはずだ
皇居周辺の堀を利用すればいいんでないの、地下にトンネル掘ってさ
隅田川、荒川から水を引いてくるのさ
霞ヶ関官庁街、一流企業の皆様のウンコは栄養満点、おいしい鯉が育ちます
テレビでは、女優さんがそのトイレで用をたしたんですよ、
( =゚ω゚=)すばらしい
| 串かつ | 2019/08/25 9:21 AM |
( =゚ω゚=)東京都下水道局の間違いでした
謹んでお詫び申し上げます
| 串かつ | 2019/08/25 12:17 PM |
串かつ先生

連投ありがとうございます。

>池には鯉が沢山、口を開けてウンコが落ちてくるのを、待ち構えている
大きくなった鯉を、村人がおいしくいただく

自然循環が成り立っているのですね。
昔、米沢の上杉鷹山が、各家庭に鯉を飼うよう奨励していましたね。
台所の洗い水が、池の鯉に流れ込むよう設計されていました。
食器や鍋についた食物がはがれて、鯉のえさになります。
鍋を池に入れておくと、鯉に食べられ綺麗になります。

私は、我が家の排水溝に、微生物を流しています。
洗濯槽、お風呂、シンクの中も微生物を塗っておくと、ぴかぴかです。
微生物も自分で培養しています。
庭の植物にもあげると、自然に肥料を作り出します。
三国志展の豚トイレに関して、えーっとか書きましたが、昔は普通にやっていた循環なんですよね。
| いづな薫 | 2019/08/27 7:04 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417583
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中