大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 三国志展に行って参りました。その2 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 三国志展に行って参りました。その1 | main | 三日月宗近と堀川国広 >>
三国志展に行って参りました。その2


三国志の魏の国の曹操のお墓の内部写真。
2009年に見つかって以来、世界中で真偽が取り沙汰されたが、年代、規模、発掘品などから一応曹操の墓と言うことで落ち着いている。
曹操は遺言で、「自分が亡くなる時は、豪華な葬式をするな、宝玉を墓に入れるな、いつも通り職務に付け。」 などと言っている。 覇者曹操にしては、殊勝な心がけだが、曹操の持病、頭痛の治療法をめぐり、名医華陀を殺してしまったのはどうとらえるべきか。




曹操の墓と決め手になったのがこの石板。
魏の王(曹操)と刻まれている。




熨斗(のし)三国時代3世紀のアイロン。中に炭を入れて衣服をのします。青銅製。 
こんな感じのアイロン、日本でも100年くらい前までは使っていたはず。1700年くらい変わらなかったのね。

【2019.08.27 Tuesday 09:26】 author : いづな薫 
| 芸術 文化 書籍 | comments(3) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
弩(ど)は展示してありましたか,当時の最新兵器
年金報告 (`ω´) 日本はもはや後進国であると(最初から後進国だよ)
後だし、結果報告、国会議員、霞ヶ関官僚は毎日新聞読んでいるだけかい
そうならない為に仕事してんじゃないの。「そうなりました」だと馬〜鹿
(子供、女で・・・・・おっとととマズイ)
つまり国民の為の仕事してないんだよね
出すのも出すもの、報告報告、全て国民が困る事ばっかじゃないの
分かるんなら、是正していかないとさ、民間なら当たり前だぞ
会社が潰れるからね、また担当者は給料泥棒になる。仕事してないんだからさ
国の失敗、最後は国民に被せるんだからさ、憲法違反だぞ
担当大臣、それ見てたまげてんじゃないよ、それまで知らなかったのかよ
おいおい、酒ばかり飲んでんじゃないよ、月いくらもらっている身分なんだ
それで年金ほしいなど、よく言えたもんだよ
アベノミクスは全て自分達がおいしい思いをするための策だ
国民が犠牲になるための策だ
下記を読めば、安倍自民党・山口公明党・霞ヶ関官僚が何もしていな遊んでいて
自分達の歳費確保の粉飾決算であることが分かる
国民を犠牲にして、累々たる屍の上に成り立っている政府だ

日本は「かつて豊かだった」のではなく、もともと貧しかったのだ。
事実、日本の労働生産性の順位はこの50年間ほとんど変わっていない。
昔から傑出した技術大国であったという自らの「勘違い」に向き合わねば
日本経済はトンネルを抜けることはできない
「日本はAI後進国」「衰退産業にしがみついている」
「戦略は先輩が作ったものの焼き直しばかり」。ソフトバンクグループの孫正氏より
このところ日本社会が急速に貧しくなっていることは
多くの人が自覚しているはずだが、一連の状況はすべて数字に反映されている。
日本の労働生産性は先進各国で最下位
世界競争力ランキングは30位と1997年以降では最低となっている(IMD)
相対的貧困率は38カ国中27位
教育に対する公的支出のGDP比は43カ国中40位
年金の所得代替率は50カ国中41位
障害者への公的支出のGDP費は37カ国中32位
失業に対する公的支出のGDP比は34カ国中31位(いずれもOECD)など
  これでもかというくらいひどい有様だ。どうすんのしかし

先ほど、日本の労働生産性は先進各国で最下位であると述べたが
実はこの順位は50年間ほとんど変わっていない。
日本経済がバブル化した1980年代には
各国との生産性の差が多少縮まったものの、基本的な状況に変化はなく
ずっと前から日本の生産性は低いままだ。
1人あたりのGDP(国内総生産)が世界2位になったこともあるが
それはほんの一瞬に過ぎない。
日本が輸出大国であるという話も、過大評価されている面がある。
世界輸出に占める日本のシェアは3.8%しかなく
1位の中国(10.6%)、2位の米国(10.2%)、3位のドイツ(7.7%)と比較するとかなり小さい
中国は今や世界の工場なので、輸出シェアが大きいのは当然かもしれないが
実は米国も輸出大国であることが分かる
驚くべきなのはドイツで、GDPの大きさが日本より2割小さいにもかかわらず
輸出の絶対量が日本の2倍以上もある
パナソニックという会社は、かつて松下電器産業という社名だったが
昭和の時代には、よく「マネシタ(真似した)電器」と揶揄されていた
トヨタも今でこそ、レクサスといったブランド商品を出せるようになったが
米ゼネラル・モーターズの自動車を参考に製品の開発を続けてきたのは有名な話である
パナソニックに限らず、日本企業の多くは、欧米企業がヒット商品を出すと
すぐにそれを真似して(今の言葉で言えばパクって)
より安い価格の製品を出すというのが定番商法だった。
パクり商法で利益を上げることこそが
弱小国家が生き残る道であるとポジティブに評価していたのだ。
バブル期を経て、社会が多少、豊かになり、日本人は自らの技術力を過信し
昔から傑出した技術大国であったという錯覚を持つようになってしまった。
この基本認識の違いが、現状維持のバイアスを強く発揮することになり
結果として孫氏が指摘するように「衰退産業ばかりにしがみつく」結果をもたらしている。
日本は後進国に転落したという事実を謙虚に受け止め、
これを逆手に取って、もっと狡猾に立ち回る企業が増えてくれば
袋小路に入った日本経済にも光明が差してくるのではないだろうか。
加谷珪一(経済評論家)
ほんまです。世間知らずのとっちゃん坊やが総理大臣では
お先真っ暗ですよ、生まれた時から金持ちなんですから
| 安普請奉行 串かつ | 2019/08/28 4:51 PM |
お先真っ暗ですよ、生まれた時から金持ちなんですから
ご先祖様、全員が税金で生活して、国民の屍の上に成りたってきた家
間違いなく地獄です。今、自分で地獄へ行く墓穴を掘っていますから
一生懸命に(`ω´)今現在で、深さ30mぐらいでしょうか
それを手伝ってんのが、麻生と山口です。地獄で日蓮が待ってるぜ
| 安普請奉行 串かつ | 2019/08/28 4:52 PM |
串かつ先生

コメントありがとうございます。

>弩(ど)は展示してありましたか,当時の最新兵器

写真撮っておりませんが、ありました。
結構重そうでした。

>日本はもはや後進国であると(最初から後進国だよ)

私もこの記事読みました。
孫さんのですよね。
一般の人でも、日本がすでに斜陽化していることに気が付いている人は多いですよね。
それを認めたくなくて、「日本偉い!」の番組が増えているのでしょう。
右傾化の表れもそれが原因ですよ。
ボロボロになっているのを認めたくないから、代わりに隣国を叩き、貶めようとしているんです。
冷静に見て、この状況を脱しなければならないと考えるのは、まだ余裕がある人です。
貧しくなると本当にものを考えなくなりますから。

>(子供、女で・・・・・おっとととマズイ)

女子供でも出来る、こう言う男性社会を変えねばならないと思います。
私は各地に仕事で専門家として出向きますが、いますよ、今でも。
女性が講師なのかって。いう方。
私もまだ勉強しなければならないことは沢山ありますが、私よりよりはるかに物知らないです。
知らないからそんなこと言えるんでしょうけど。

>日本は「かつて豊かだった」のではなく、もともと貧しかったのだ。
事実、日本の労働生産性の順位はこの50年間ほとんど変わっていない。
昔から傑出した技術大国であったという自らの「勘違い」に向き合わねば

米国の下請けでずっと来ていますからね。
経済成長していた頃は、それなりにメイドインジャパンが売れていましたが、その前が貧しすぎました。
前回の衆院選の時、東京の石原伸晃氏が「ジャパンアズナンバーワン」と言っていて驚きました。
何世迷言言っているんだと。

>教育に対する公的支出のGDP比は43カ国中40位
年金の所得代替率は50カ国中41位
障害者への公的支出のGDP費は37カ国中32位
失業に対する公的支出のGDP比は34カ国中31位(いずれもOECD)な

最近、G7サミットって何の意味があるのかと思います。
日本のGDPは世界第3位ですが、個人別GDPだと世界26位です。

>麻生と山口です。地獄で日蓮が待ってるぜ

麻生財務相は、一般の人に対し、「下々の皆さん」と呼びかけたことがありますね。
| いづな薫 | 2019/08/29 7:28 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417586
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中