大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 移動 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< カナダでごはん | main | トロントユニオン駅 >>
移動


戦国カフェをお読みくださる皆様、こんにちは。
日本は、こんばんは、でしょうか。
今日はちょっと用事があるので、カナダ国内を飛行機で移動します。
先ほど、トロント・ピアソン空港を離陸しました。
電車は時間がかかるので、移動はやはり飛行機が多いです。
鉄道の方が、その国の人々の生活が見えるので好きなんですけどね。


【2019.09.16 Monday 02:43】 author : いづな薫 
| - | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
(`ω´)不当裁判
東京地裁(永渕健一裁判長)は19日午後
東京電力勝俣恒久・元会長(79)、武黒(たけくろ)一郎・元副社長(73)
武藤栄・元副社長(69)の3被告に
いずれも無罪放免の判決を言い渡した。本日午後1時15分ごろ
もう一度書く、東京地裁(永渕健一裁判長)

東京電力の社員で、過去に福島第一原発周辺で、津波の痕跡を発見し
その高さは17mである事が分かった
その痕跡とは、石碑なる物に津波の高さと、未来への警告文が書いてあった
その社員は、勤めていた東京電力の安全部に報告し、原子力発電所の
非常用発電機の設置場所の移動を申し出ていたのだ
(普通の正常な社員もいるんだな)
その発電機の位置は原子炉建屋の1階床より、階段で四段低い位置に設置されていた
つまり1階より低い位置に設置されていたのだ。
発電所の平均地盤は海の海面から6m高い位置である
5mの津波なら大丈夫であろうが、過去に17mの津波が確認されたのだ
その心ある社員さんの申し出で、会社側は、非常用発電機移動にかかる
費用の積算見積もりに入った。(ここまでは普通な会社や、会社自体もマトモや)
その見積もり金額は、発電機1機に10億円の金額がでました
高台に引越しして家屋の新築、設備費用、諸経費など全部で1機10億円です
福島第一発電所には10機の非常用発電機があるので
合計100億円の費用がかかる計算だ
なにせ17mの津波が過去に襲来していたのだ
非常用発電機は本電源が止まった時、炉心冷却用ポンプを動かす
非常に重要な設備である。小学生、中学生でもわかる
しかし、驚くことに、この三被告(勝俣、武黒、武藤)は却下したのだ。
東日本大震災、2011年(平成23年)3月11日に発生した大津波
高さ14mに達した
今や国民の損害は、国民の受けた被害(税金)は天文学的である
被害額100兆円ぞまだ安いほうだ、100億円の何倍、それを惜しんだ馬鹿経営者に
なんと無罪放免だと東京地裁永渕健一裁判長。ほんとに調べたのかよかよ
ま、せいぜい関東に住んでいる方達は高い電力料金をお支払いくらはい
もの言わない人は死んでると同じだよ、わかる、わかるよね
津波の高さは予見できました
福島県の人は皆知っていますよ
小泉環境大臣様、当然国として控訴するんでしょ、次は落選だからね

いづな先生が留守だと、甲斐の武田信玄が動きますよ
| 安普請奉行 串かつ | 2019/09/19 4:06 PM |
串かつ先生

コメントありがとうございます。
私もこの記事、即読みました。
ワシントンポストその他メディアも報じています。
東電幹部は、日本の裁判所は無罪にするでしょうね。
今回地裁ですが、控訴、上告すれば、今まで以上に権力寄りの結果が出るのが目に見えています。
そう言う国なんです。日本は。恐ろしい限りです。まともな司法がありません。
東電を批判した者は徹底的に潰されて行くのです。
原発関連で亡くなった人は、1400人を超えたと言われています。
避難者は12万人以上、今も4万人以上が家を追われています。
地震で原発配管が壊れていますが、その記録は抹消されました。経営陣の津波認識ももうないのです。

>いづな先生が留守だと、甲斐の武田信玄が動きますよ

信玄も統治者としては優秀ですよね。
今の政治家があまりに バカすぎるのです。
バカでないと日本の大人になれない、とんでもないシステムです。
| いづな薫 | 2019/09/19 9:36 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417589
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中