大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 トロントユニオン駅 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 移動 | main | トロント夜景 >>
トロントユニオン駅


私が1番好きなトロントの風景は、このユニオン駅かもしれません。
カナダ最大の都市、トロントの玄関口にあたる大きな駅です。
カナダ隋一の金融街と大企業が本社を構える街がトロントです。
金融関係者なら、トロントを訪れた方は多いはずです。
日本の都市銀行も街中にいくつもあります。
現代の街並みと歴史的建造物が点在しています。
歴史的建造物の一つが、このトロントユニオン駅。

古くて美しい駅舎は、英国ビクトリア朝の建築様式で、20世紀初頭に建てられたもの。
カナダの文化財遺産に指定されています。
1927年に正式に鉄道駅としてスタートしました。

大きな時計が時を刻み、長い間、人々の到着と出発を見て来たのでしょう。
駅には、迎えに来て家族との再会を喜ぶ人、忙しく通り過ぎて行くビジネスの人達も行き交います。
まさに、人々の人生、悲喜こもごもを知る駅です。







その大きなトロント駅で、今回珍事件発生。
しかも発生源は、私、いづな。
駅構内呼び出しで、名前を呼ばれてしまったのです。笑

「落とし物のお知らせです。クレジットカードを落とされた、Kaoru Izuna様〜。至急、トロントユニオン駅○○改札までお越し下さい。」

いづな「え、私?」

慌ててバタバタ探し出す。あちゃーカード確かにないよ。その時、初めて落とし物したと気付いたいづな。

偶然隣りにいた地元のご婦人「もしかして、あなたじゃないの?」(カナダ人の名前でないので、教えてくれた。)

いづな「そうです。ありがとうございます。行ってきます。」

急いで受け取りに行くと、名前を聞かれ、

「Kaoru Izunaです。日本から来ました。アナウンスされたカードを落とした者です。この度はありがとうございます。どちらに私のカードがありましたか?」
などと聞く。
喜んでお礼を何度も言う私に、駅員さんがキャッキャウフフな感じで、私と同じくらい喜んでくれました。
クレカとは言え、落とし物で呼び出ししてくれる親切なトロント駅。感謝いたします。

カナダは、のんびりとして良い方が多いです。
人口は日本の3分の1くらいですが、国土面積は日本の25倍です。
皆さん、おおらかで優しいです。



おおっ海の向こう日本では、ラグビーW杯で日本が世界2位のアイルランドに勝ったそうな。そりゃまたすごいな。

【2019.09.29 Sunday 02:08】 author : いづな薫 
| - | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
(`ω´)ラグビーは美女とビールだね
吉永小百合さんはど〜ぢたの
ラグビーといえば、吉永小百合さんでしょう
勝利の女神が出てこなければ優勝できないよ
まったく、安倍も麻生も山口も気がきかないよ
| 安普請奉行 串かつ | 2019/10/02 4:58 PM |
串かつ先生

コメントありがとうございます。
ラグビーと言えば吉永さんなのですか。ラグビー、次の試合も楽しみですね。
友人が見に行ったようです。
| いづな薫 | 2019/10/02 6:00 PM |
(`ω´)すまぬ
サモア代表は福島県いわき市で、Wカップ直前合宿をした。
地元の子供達や、お年寄りとの交流はすばらしかった
いやな顔一つせず、平工業高校ラグビー部員にタックルなど指導
申し訳ないが、サモアを応援致します。
| 安普請奉行 串かつ | 2019/10/04 6:36 PM |
串かつ先生

コメントありがとうございます。
ラグビーW杯、次の日本戦がサモアとなのですか。
両方とも頑張っていただきたいです。
いわき市で合宿とのこと、串かつ先生とご縁がありますね。
| いづな薫 | 2019/10/04 7:29 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1417590
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中