大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 全粒粉パンケーキ | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 白身魚のバター醤油ソテー | main | 手作りおぼろ豆腐 >>
全粒粉パンケーキ


菅首相関連でパンケーキパンケーキとずいぶんと騒いでいたが、
首相の紹介の仕方で、こんなひどいのは日本ぐらいなのでは。

まあ、パンケーキに罪はない。美味しいし。
市販のホットケーキミックスは添加物が多いので、いつも自分で配合します。
全粒粉が好きなので、全粒粉パンケーキです。


お屋形さまの幸せレシピ、今日は全粒粉パンケーキです。




材料 2人分

全粒粉 200g
小麦粉 30g
ベーキングパウダー 大さじ1杯
キビ糖 25g 砂糖で可
牛乳 250cc
有塩バター 30g
卵 1個
ラム酒 大さじ2杯
好みのオイル 適宜 私はオリーブオイルを使いました。
トッピング用バター


作り方

1)全粒粉、小麦粉、ベーキングパウダー、キビ糖をボウルに入れ、よく混ぜます。

2)バターをレンジで溶かします。  卵、牛乳、ラム酒、溶かしバターを入れ、ゴムベラでさっくり混ぜます。

3)フライパンにオリーブオイルを敷き、1枚ずつ焼きます。
  弱火でじっくり焼くと上手く行きます。
  先に焼けたのをキッチンペーパーで包んでおくと冷めません。
  最後にトッピング用バターを載せる。

このパンケーキに、サラダとフルーツを加え、食事として食べたのでメープルシロップは使いませんでした。
おやつとして召し上がる方は、メープルシロップをかけてどうぞ。

【2020.10.06 Tuesday 16:43】 author : いづな薫 
| 武将キッチン | comments(4) | -|
この記事に関するコメント
いつもおいしく拝見してます!
最初だけは、材料費と時間がかかるかもしれないですけれど、パンケーキミックスをはるかに凌ぐパンケーキが出来るのですね・・粉を買ってこようかと考え中です(笑
いづなさまは、「これを食べるにはお店にいくしかない」と思うものはあるんでしょうか?なにもかもいちから作っていらっしゃるような・・
そのうち、土壌についての豊富な知識も生かして、素材すら作ってしまいそうですね・・・!
| hos | 2020/10/06 6:54 PM |
hos様

コメント感謝です。
家で配合したら、ホットケーキミックス、食べられなくなりますよ。
全粒粉をぜひお買い求めください。
私はパン、パンケーキ、スコーン、お団子にも入れます。
白い小麦粉は体に良くないので、極力使わないのです。

>「これを食べるにはお店にいくしかない」と思うものはあるんでしょうか?

ありますよ〜。
やはりプロの作る料理は素晴らしいです。
私は、コロナ前はかなり外食していました。
料理は、沢山美味しいものを食べると作りたくなりますよね。
舌で覚えるのが一番ですね。

コロナ終了したら、何か美味しいもの食べに行きましょう〜。

| いづな薫 | 2020/10/06 7:45 PM |
小生、昭和40年代後半産まれなので、未だにパンケーキを見ると、反射的にホットケーキと呼んでしまいます(涙)

カスのスイーツ好きアピールは心底ウザイので、国粋主義者なら、大人しく餅を喰って、ついでに喉に詰まらせておけ、と思ってしまいます。

それにしても、美味しそうなパンケーキですね。フルーツ付きとかよりも、シンプルな感じの方が好きです。懐かしさも感じますので(笑)
| 若干保守寄り男 | 2020/10/07 1:16 PM |
若干保守寄り男さま

コメントうれしいです〜。
ホットケーキは米国由来らしいですね。同じものですね。
日本のカフェで、フルーツとかがたくさん載っているのをパンケーキと呼んでいるような気もしますが。
菅首相が、原宿のエッグシングスで懇親会をやっていますが、ここのトッピングの生クリームがすごいんです。こぶしより大きい感じ。笑
10代ならいざ知らず、71歳の菅首相がよくこれ食べられると思います。
今までさんざん泥仕事して来ただけあって、胃が頑丈なんですね。
| いづな薫 | 2020/10/07 4:55 PM |
コメントする









過去のページへ

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto→東京

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中