大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 越後・川中島旅日記 Gackt謙信公 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 越後・川中島旅日記 | main | 越後・川中島旅日記  謙信電車 >>
越後・川中島旅日記 Gackt謙信公
今日は、すごいです。
謙信公、お忍び旅でござる。

16日午後、SNさん、まりあさん、いづな、春日山城を下り、林泉寺に行く。
林泉寺の山門、春日山城の裏門を移築したもの。
謙信の時代の門です。

宝物館にて、謙信および上杉家ゆかりの品々を拝見する。

さてそこで、            
お寺の御婦人(たぶんお寺の奥様)に、耳寄りなお話を伺いました。
先月末、Gackt謙信様がこのお寺にお越しになった時のことです。

撮影用クレーンも用意され、何やら映像をお撮りになる。
仏間で出されたお菓子?を召し上がり、御滞在何と4時間半!
この御婦人からGackt謙信様に、「勝守」が贈られたそうです。

その「勝守」を、しげしげと見ているSN嬢といづなをよそに、
まりあさんが、七福神おみくじを引いたらしい。

まりあさん 「やったー!毘沙門で大吉だぁ!!」

いづな   「えっー!いいな!!!」 

SNさんも引く
      「おじいさんが出た・・・」(寿老人か?)
         
いづなも引く・・・

いづな    「大黒様で、大吉!」

御婦人 「Gacktさんも、大黒様で大吉でしたよ。」 

いづな 「そうなんですか〜。」

お守り&おみくじ販売所で、お財布を持って来てもらい、おみくじを引かれたそうです。
Gacktさん、おみくじを広げ、静かな澄んだあのお声で、運勢を読み上げられたとか。
ほほー、声を上げてお読みになるのね・・・。
読み終わり、丁寧にたたんで、お財布にしまわれたそうです。

林泉寺のおみくじ、中に小さな金色の大黒様が入っていました。

いづな   「毘沙門いいな〜」未練がましく、まりあさんの引き当てた毘沙門を見る。

まりあさん 「あげないよっ!」 

いづな   「林泉寺のいくつかのお守りも謙信公シャツも、
       偶然G氏と一緒なのよね。趣味似てるのかしらん。」

まりあさんの不吉な声 「赤い荒縄が見える・・・。」
          注:赤い荒縄、11/12日記ご参照下さい。

GacファンのSN嬢(やけっぱち気味に)
      「ゆっとくけれど、Gは趣味悪いよっ!」笑

悲喜こもごもな、おみくじ事件でござりました。


 お祭りの時は、Gacktさん大勢で謙信公墓所にお参りしていましたが、今回はお独りで参拝されたそうです。
 
ここは神聖な場所で、謙信公の御魂が降りて来ているようで、懐かしい感じがします。
と、Gackt謙信公はおっしゃられたそうな。

林泉寺墓地にある、謙信公のお墓

 打ち合わせで、マネージャーさんは何度もお寺にお越しになったそうですが、ご本人様来訪が分かったのは2日前だったそうです。
  
「警戒が厳しく、近付くのも難しいGackt謙信様で、陽に当たったら溶けるんじゃないかと思っていました。
でも、サインをお願いしたら快く書いてくださったのですよ。」
と、お寺のご婦人は仰られていました。笑

お寺を後にされる時、
ご住職様の90歳を超えた、お祖母様の手を握りしめ、

また、来るからね。

とおっしゃられたとか。

 ひ孫?の小さいお子様3人をも、撫でていらっしゃったそうです。
お年寄りと子供さんに優しく、モテモテな謙信公〜。

 暖かな気持ちにさせられた、小春日和の林泉寺でした。
楽しいお話をして下さった、この御婦人に御礼を申し上げたいと思います。

お寺のわんこ、プルちゃん。おなかが空いてやや不機嫌。笑
 




【2007.11.20 Tuesday 20:25】 author : いづな薫 
| 越後・川中島旅日記 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
先日ご丁寧なメールをいただきましてから
ほぼ毎日拝見させていただいております♪
いつも楽しいお話をありがとうございます。

この度はまた林泉寺の風景を眺めることができる
ステキな旅のご報告に大感激です☆
私もここで大吉(福禄寿)のおみくじが当たりました〜!
でもやはり毘沙門天入りの大吉にはかないません(羨)

Gacktさん極秘訪問ストーリーをお話をしてくださった奥様は宝物殿の受付にいらした女性ですね。
あんな立派なお寺なのにまったく気取りの無い気さくな方ですよね。

Gacktさんが春日山を訪れた日にあれからどんな風に過ごされたのかなとずっと心に描いていたので
その風景が具体的に蘇ってきて
本当にうれしく思いました・・・!
夏の謙信公祭の時にはギャラリー環視の中での参拝だったこともあり
今回は一人の人間として
墓前にて心静かに謙信公と向かい合うことがお出来になったのではないかと思います。

おそらくGacktさんの直前にお参りしたはずの私は
あと数十分林泉寺でねばっていれば・・・と
欲深き後悔も若干ありますが
その後お目にかかれただけでも有難きことと
あの日の林泉寺を包んでいた爽やかで暖かなオーラを思い出しました♪

そうそう
夫だけが気がついて私は会えなかった
林泉寺の柴犬ちゃんもこんな子だったのねと
今回拝見することができてうれしかったです♪

私は謙信にまったく興味ナシの夫と一緒だったので
いづなさんのように
気心しれた謙信仲間(?)のお友達とワイワイ言いながらのご旅行をうらやましく思いました・・・!

ステキなお話をありがとうございました!

ps
以前こちらからもメールをお送りしましたが
届きましたでしょうか・・・?

| カメコ | 2007/11/21 1:59 AM |
カメコ様

コメント、大変嬉しいです。
メール、確かにいただいております。
返信に間があいてしまい、申しわけございませんでした。
言い訳させていただくと、仕事多忙期のあと、越後への旅と予定が詰まっておりました。

 実はカメコ様宛のメールが途中まで、書いてあります。

>ほぼ毎日拝見させていただいております♪
いつも楽しいお話をありがとうございます。

 毎日おいで下さるとは、頭が下がります。
カメコ様に、心より感謝申し上げます。
 
>私もここで大吉(福禄寿)のおみくじが当たりました〜!
でもやはり毘沙門天入りの大吉にはかないません(羨)

 大吉はあまり出ないと、お寺の方がおっしゃっていました。私たちはラッキーですね。
 毘沙門・大吉は、本当にうらやましいです。

>その後お目にかかれただけでも有難きことと
あの日の林泉寺を包んでいた爽やかで暖かなオーラを思い出しました♪

 謙信様を静かに見守られたカメコ様の御礼節に、いづなは感動しましたよ。
 いずれの時も、カメコ様の様にありたいものです。

>林泉寺の柴犬ちゃんもこんな子だったのねと

 散歩帰りでお腹がすいて、興奮気味でした。笑

 カメコ様にぜひまたメールしたく思っていましたので、今度こそ書きますね!
| いづな薫 | 2007/11/21 9:00 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/751239
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中