大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 越後・川中島旅日記  謙信電車 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 越後・川中島旅日記 Gackt謙信公 | main | 越後・川中島旅日記 戦国最強上杉軍! >>
越後・川中島旅日記  謙信電車
春日山登城の翌早朝、長野の善光寺に詣でる。
目当ては、信玄&謙信のお位牌。
ふたつ仲良く並んで、立っています。
左が信玄、高さ117cm豪壮な感じがします。
右が謙信で116cm、細身で華麗なこしらえです。



善光寺で見つけたお守り。

左・情熱の赤が信玄お守り、右・紫が謙信お守りです。
”風林火山と、毘”のデザインは同じです。
信玄お守りは、SNさんといづなで買い、東京で待つ友人Iさんに贈呈。

善光寺を後にし、本日のメインイベント謙信電車を見に行く。
小淵沢―小諸間の小海線に、風林火山のラッピング電車が走っているのです。

12:09小諸駅に付く。
   止まっている電車があるが、謙信電車ではない。

12:42電車が来るが、またもや違う。

13:38電車が出発するがこれも違う。

   駅員さんに、「ラッピング電車はいつ来ますか?」と聞いてみる。

駅員さん「分からないんですよ。」

事前に、電話で問い合わせた時も、同じお答えでした。

 この日、妻女山に行く予定だったので、あまり電車ばかりにも時間をかけられない私たち。
仕方ない、謙信電車はあきらめるか・・・。
 
 妻女山方面行きの電車に、トボトボ乗り換える。
座席に付いていると、他のお客さんも乗って来て、発車時間が迫る。
その時、先程の駅員さんが、私たちの所にやって来て、

「当駅着13:53の電車が、ラッピング電車です!!」

「あっありがとう〜駅員さん!!!!!!」
駅員さんは調べてくれて、電車の中にいる大勢のお客さんの中から、私たちを探して下さったのでした。

”しなの鉄道・小諸駅の駅員さん”、ご親切深く感謝申し上げます。
どうもありがとう〜!!
 ビバ!しなの鉄道!!
しなの鉄道の駅員さんたち、ハンサム君が多いです。本当です。

 いづなたちは、13:53分の電車を待つことに!
この後、妻女山に行くため、その方面の電車の時間を調べる。

13:57分!!!!!!

うげ〜、撮影と乗り換えで4分しかない!!
でもそれを逃したら、妻女山は夢のまた夢〜。

失敗が許されない撮影に、私たち3人に緊張が走る。
いづな、カメラ動作を確認・・・大丈夫ちゃんと動く。

待つこと、1時間。
いよいよ、13:53分、”運命の電車”がホームの前方に現れました!

「来た来た、謙信電車だぁー!!

謙信がラッピングされているのは、車体お尻の部分だと調べてあったので、
その位置に、電車を追いかけホームを走る。
電車が定位置に停車し、ドアが開く直前1秒間位で、シャッターを押す。

その瞬間ドアがガラ〜と開き、なッなんと謙信様の上にドアが乗ってしまう!!
けっ謙信様が、見えないっ―!!!

ドアが謙信の上に乗り上げる。冷や汗SNさん撮影。
 
 いずれドアはまた閉まりますが、撮影&乗り換えが4分しかないので、撮り直しは出来ませんっ!!

ドアが謙信に乗っかかるとは、フェイントだったぜ!
全くいろんなモノにのっかられるよ、虎穴。

階段を駆け上がり、急いで、違うホームに停車中の妻女山方面行きの電車に乗り込む。
車窓をこじ開け、望遠を効かせて、時間の許される限り撮影。
ほんの1分程度で、電車発車。

以下いづな撮影、渾身の作品でござる。

ドアが開く直前に撮った、貴重な1枚。

以下、望遠で撮った謙信電車。



いや〜、燃えたぜ、虎穴電車!!


【2007.11.21 Wednesday 20:47】 author : いづな薫 
| 越後・川中島旅日記 | comments(6) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
みんなに羨ましがられてご満悦の
毘沙門天まりあです←調子に乗りすぎ(殴

いや〜、ラッピング電車は、きつつき戦法を上回る戦略で、参りましたな。まさか、ドアで見えなくなるとはぁ〜〜!!
下りてくる、学生さんたちや、おじいちゃん&おばあちゃんをなぎ倒してどうにかしたい心境でしたよね〜。(実際には、大爆笑して、周囲から不審がられたけどもぉ。)

さすが、虎穴なだけに、お尻にラッピングですからな。むふふ。

>しなの鉄道の駅員さんたち、ハンサム君が多いです。本当です。
ひょえ〜、わたくし、確認ができませんでしたぁ〜。これも、なにかの陰謀でしょうか〜(涙

| まりあ | 2007/11/21 9:53 PM |
皆様旅行お疲れ様でした!
無事位牌もご覧になられたようで羨ましいです。
(自分の時は拝観時間を過ぎていたので)
二人並んで幸せそうです。
あのラブラブお守りは、多分大勧進のみ販売だと思います。
境内の売店にはありませんでしたので。

さて。
「虎穴電車」に「挿入した」もとい「入った」わけですね!
キャ〜〜〜〜!
相当難儀されたようですが、
頑張って待たれた甲斐がありましたね。
しかも虎穴と亀さんツーショットですか。
これでお館様が室伏アニキだったら…言うことなかったですね(笑)
いつしかいづな様デザインの虎穴電車が走る日が来ることを期待しています。
| プランシェ | 2007/11/21 11:33 PM |
毘沙門天まりあ様←怒

>いや〜、ラッピング電車は、きつつき戦法を上回る戦略で、参りましたな。まさか、ドアで見えなくなるとはぁ〜〜!!

 全くでござる。
勘助、真っ青の戦略でござった。
 SNさん、降りてきたおばあさんで謙信が撮れなかったって言うし・・・笑。
 
>おじいちゃん&おばあちゃんをなぎ倒してどうにかしたい心境でしたよね〜。(実際には、大爆笑して、周囲から不審がられたけどもぉ。)
 
 なぎ倒すんですかっ?!
あ―やっぱり不審がられてたのね。
 確かに笑っていました。げらげら

>さすが、虎穴なだけに、お尻にラッピングですからな。むふふ。

 むふふ。 

>なにかの陰謀でしょうか〜(涙

 勘助のですな。
| いづな薫 | 2007/11/21 11:52 PM |
プップラ様!

ラブラブお守り、境内の売店で今売っています!
なぜか、大勧進にはなかったです。
実はいづな、最初にこのお守りを見たのは、泊まったホテルのロビーでした。
ラブホじゃないですよ。ちゃんとしたシティホテルです。
 
 何じゃこの、Hな御守りは!?と思いました。笑。

善光寺お守りと書いてあるので、ホテルで買うよりお寺買いたいと思い、お寺で購入。

「虎穴電車」難儀しましたよ・・・緊迫しました。笑

>お館様が室伏アニキだったら…言うことなかったですね(笑)

 それ見たいです!かっこいい〜。

>いづな様デザインの虎穴電車が走る日が来ることを期待しています。

 また、とんでもない柄になりますよ。
公然猥褻とかになったら、どうしよう・・・。
| いづな薫 | 2007/11/22 12:05 AM |
虎穴電車、緊迫の実況中継でしたな!
こちらも手に汗握りましたよ。
渾身のベストショット執念のたまものですね!

相変わらず麗しいお姿ですが、お顔の高さがびみょ〜にお館さま(ってか亀)のカメ…とかぶってるのが気になります。
いっそドアに室伏信玄を描いて、ドアの開閉のたびにボディーの虎穴と結合するってのはどうでしょう。
必要以上に開閉するので、お客さんには嫌がられますが。
でもって、開閉のたびにイケメン車掌が生ボイスつけつくれたら最高ですね。 頑張れ虎穴電鉄!(←違

と妄想しながらこれから仕事行ってきます…。
| きりたん | 2007/11/22 12:29 PM |
きりたん様、お忙しい中レス頂き感謝いたします。
お仕事、お疲れ様です。

>ドアに室伏信玄を描いて、ドアの開閉のたびにボディーの虎穴と結合するってのはどうでしょう。
必要以上に開閉するので、お客さんには嫌がられますが。

 このドア、寒冷地のせいかホームに停車中も、ドア閉まっている事が多いんです。笑
 室伏信玄と虎穴の合体時間は、長いですね〜。爆。客は、無理やり虎穴をこじ開けて乗る。

>頑張れ虎穴電鉄!

 ”虎穴電鉄”って、マジいいですな〜。
さすがでござる、きりたん様。
冴えまくっています。
| いづな薫 | 2007/11/22 1:38 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/751422
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中