大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 群雲関ヶ原へ 上 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 将軍の棺に詰めた「朱」 その2 | main | 血天井… >>
群雲関ヶ原へ 上
「群雲関ヶ原へ 上」岳宏一郎著を読んだ。
かわいこちゃんを、徳川家康と石田三成が奪い合う話ですなハート
このかわいこちゃん、もちろんただ者ではない、
強大な軍事力を持った会津の太守・上杉景勝である。

信長×犬千代、ノッパラでちゅう。ねねを始め、強くしぶとい女性陣など見所いろいろ。
 そして何より我らがアイドル景勝が、武将達の崇拝の的になっていて楽しい。
本人はいたってまじめに生きているのだが、それが欲に目がない戦国大名の中で「掃き溜めに鶴」になっているのが滑稽である。
 家康にいたっては上杉をライバル視するあまり、景勝が気になって気になって、もう恋をしているかのようにである。
 いつも涼やか、少年のような華奢な体で、家康、息子の結城秀康を悩殺しまくる景勝、笑。
 でもって景勝は謙信に似て、書物に恋をするような男なのだ。
 
「天地人」は直江兼続が活躍が目立つが、御舘の乱、織田信長侵攻、関ヶ原、米沢転封と彼が生きてきた極めて険しい道を思うと、あれ位の華があって良いと思う。
 「群雲〜」では、勝者にはなったがそこにいたるまでに家康の葛藤が暴露されていく。
徳川の世はそこまで近付いているのに、西に毛利、東北に上杉と強大な力がなおも家康を苦しめる。
直江状を読んだ時の、家康の描写が滑稽。
「手紙を取り落とし、柱で体を支える。」
家康の怒りは、歴史的資料や小説でも周知の如くである。
でもこのお話の場合、地位も権力ある男が恋焦がれている相手に、
あなたなんか嫌い!!
と、思いっきり罵倒されたかのような、衝撃が笑える。
 映像化するなら、家康を大杉漣か佐藤浩市でぜひ見たい。 

PS.20万Hitsご祝辞、拍手、日本史ボタン押しくださる皆様本当にどうもありがとう〜。
 応援して下さる皆様が、いづなの元気の素です。

【2008.07.25 Friday 21:44】 author : いづな薫 
| ちび勝&上杉景勝 | comments(6) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
いづなさんの、「群雲関ヶ原へ」の感想待ってました♪
やばいですね〜景勝ってそんなに魅力的なんですか!少年のようって(鼻血)。

この小説の家康面白いですよね。あんまり威厳がないというか(笑)。

>映像化するなら、家康を大杉漣か佐藤浩一でぜひ見たい。 
セクシー様が、北村さんで家康が佐藤浩一だったらこれは危険ですね!見たいvV

>信長×犬千代、ノッパラでちゅう。
衝撃的過ぎて、ブログにイラスト描いちゃいましたし♪
ちゅう描いてみたいですね〜v
それと、この記事をトラックバックさせて頂きました。
ご迷惑でしたら、言って下さい。

いづなさん、これからもブログの更新頑張って下さいv
記事楽しみにしております^^
| 冬芽 | 2008/07/26 9:20 PM |
冬芽さま

コメントありがとう〜。

>やばいですね〜景勝ってそんなに魅力的なんですか!少年のようって(鼻血)。
この小説の家康面白いですよね。あんまり威厳がないというか(笑)。

 細い肢体が見えるようじゃ。ふおふおふお by家康

>セクシー様が、北村さんで家康が佐藤浩一だったらこれは危険ですね!見たいvV

 どっちも色っぽいですね。

>信長×犬千代、ノッパラでちゅう。
衝撃的過ぎて、ブログにイラスト描いちゃいましたし♪
ちゅう描いてみたいですね〜v

 描いて描いて!
冬芽さんのイラスト楽しみです。
皆様へ:冬芽様の素敵ブログ『紫鏡華』へは、「戦国禁書のリンクページから飛べます。

記事トラックバック、ありがとうございます。
嬉しいです。
私も冬芽様の記事を、とても楽しみにしているんです。
これからもどうぞよろしく。
| いづな薫 | 2008/07/26 10:02 PM |

いづな様も「群雲、関ヶ原へ」を読んでいらっしゃるということで嬉しかったです。
(前回のコメントがネタバレのようになってしまい、すみませんでした)

「掃き溜めに鶴」や直江状=「あなたなんか嫌い!!」という例えが的確すぎて笑ってしまいました。

いづな様や乃美様の仰る通り、この小説の景勝は完全にアイドルですね。
上杉の会津移封から物語が始まる訳ですし、影の主役と言っても良いのではないでしょうか。

景勝が謙信公に引き取られた頃から気にかけている、家康も相当だと思います。
文庫版の解説まで、家康の、景勝と佐竹義宣の仲の良さに対する嫉妬を「恋愛感情から派生したような」と表現しているので、「やっぱり家康の片想いに見えるんだな」と納得しました。

他にもいづな様お勧めの時代小説などありましたら、教えていただけると有り難いです。
| あきら | 2008/07/26 11:58 PM |
あきら様、コメント嬉しいです。

>前回のコメントがネタバレのようになってしまい、すみませんでした
 
 とんでもございません。
あきら様と同じ本を読んでいて、私も嬉しいです。
脳みそが似ていますね、きっと。ご迷惑でしたらすみませぬ。笑

>上杉の会津移封から物語が始まる訳ですし、影の主役と言っても良いのではないでしょうか。

 ヒロイン?
あきら様仰るとおり、景勝の幼少の頃を家康が自分の人質時代と重ねて同情してますよね。
佐竹〜ライバルですな。

>いづな様お勧めの時代小説などありましたら、教えていただけると有り難いです。

 私は、司馬遼太郎さんの大ファンです。
吉川英治さんも大好き。
 神の様な筆力と知識です。
あと、古文書などの歴史解説書がとにかく好きですね。
フィクションでなく、真実を追究しています。 
| いづな薫 | 2008/07/27 9:44 AM |
こんにちは

佐藤浩一の家康、想像したこと無かったですがいいですねぇ。
余り好きじゃなかった家康のファンになりそう。この作品の
家康は好きですけどね。下巻も面白かったですよ。
この作者は絶対景勝様好きですよね。巻末に編集部からのお願いで
読後感想や今後どんな本が読みたいかなど送ってって書いてあったので
「岳宏一郎氏に上杉景勝主人公の小説を書いてもらって」って
送ろうかと思案中です。

この上の鳥居元忠の記事 いづな様は凄いわ〜
小説読んでキャーキャー言ってる私と大違い。
いろいろ勉強し実際に足を運び・・・思い入れの大きさ感じます。
高校生の頃(余りに昔で何年前か忘れました)山岡荘八のなが〜い
「徳川家康」読んで家康本人より本多忠勝や「一筆啓上 火の用心
お仙泣かすな 馬肥やせ」の本多作左衛門や一緒に人質生活送った
この鳥居元忠に魅力を感じました。

ついつい時間がないと言ってしまいがちですが折角京都に
住んでるんですものね、私もいろいろ見て回りたいと思います。

・・・もう少し涼しくなってからね〜〜
| 乃美 | 2008/07/27 1:26 PM |
乃美さま

コメントありがとうございます。

>この作者は絶対景勝様好きですよね。

 はい。それでもって、作者さん家康に似た人なのかも。笑
景勝小説、ぜひ投書して下さい。

>いろいろ勉強し実際に足を運び・・・思い入れの大きさ感じます。

 小説も良いのがありますが、私は歴史学がより好きなのです。
 フィクションとは、違う面白さがあります。
史実は分かっている事が少ないけれど、実際に近いことが面白いんです。
 鳥居元忠も、結構いろいろ小説に書かれているんですね。

秋になったら、京都をあちこちお歩き下さい。
秋の京都は、また格別ですものね。
| いづな薫 | 2008/07/27 6:56 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/966316
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中