大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
選挙ポスティングチラシ


田中龍作様、ツィートお借りしました。


【2019.07.16 Tuesday 19:42】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(0) | trackbacks(0)|
太郎さんの街頭CM


皆さまの寄付で、山本たろうさんの街頭CMが流れているそうです。上の映像、音声付きでご覧ください。
街中の大きな画面で見たいです。
寄付した甲斐があります、また寄付がまた集まりそうです。

【2019.07.15 Monday 22:02】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(2) | trackbacks(0)|
選挙運動しています。









【2019.07.15 Monday 15:02】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(2) | trackbacks(0)|
大西つねきさんの分かりやすい経済、 日本人はただ働きさせられている。


れいわ新選組の候補者の中に、経済のスペシャリストが2人もいる。
その一人が大西つねきさん。
JPモルガン銀行の元為替ディーラーである。
大西さんは、大卒の初任給が何十年も上がっていないことを指摘する。実は私もそう思っていた。
本当ならば、今頃大卒初任給は50万円くらいになっていないとおかしいと大西さんはおっしゃる。
皆さんは当然もらうべき報酬をもらっていない。ただ働きさせられている。企業が払わなかった報酬はどうしたか?
内部留保として企業がため込んでいる。
れいわの経済政策が、どの党よりも評価が高いとの記事もあった。
上のyoutubeは、私が最近、ハマっている、れいわ候補者・大西つねきさんの経済講座である。
日本の経済の弊害、何をなすべきかを分かりやすく解説してくれる。
大西さんは、比例区なので全国から投票できる。こう言う方こそ、国会議員になって欲しい。

【2019.07.11 Thursday 19:51】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(0) | trackbacks(0)|
白山吉光
金沢の石川県立美術館で、国宝『白山吉光』を見て参りました。
展示は、2019/6/14〜7/22の「名刀と刀絵図」の間と、2019/10/12〜11/17の「石川の文化財」の期間です。
「石川の文化財」では白山比弯声辧覆靴蕕笋泙劼瓩犬鵑犬磧暴蠡△僚斗彿顕什 太刀『備前国長船住長光』も展示されます。

私が行ったのはもちろん「名刀と刀絵図」の方で、本阿弥光徳の刀絵図が公開されていました。19mもある長大なものです。

さてこの、国宝『白山吉光』残念ながら載せていい写真がないので、石川県立美術館のサイトでご覧ください。
鎌倉時代に、短刀の名手粟田口吉光が作ったものです。
剣 七寸五分六厘(22.9cm) 鎌倉時代

両方に刃が付いた両鎬(りょうしのぎ)造りで、非常に優美で品位があります。小ぶりな剣です。

白山吉光は、徳川家光の養女阿智子(水戸黄門の姉、清泰院)が、加賀藩3代藩主になる前田光高に輿入れした時、持って行った剣です。
阿智子(清泰院)は、11歳で前田光高に嫁いで、17歳で長男が生まれた。
子供が生まれたのがうれしくって、父親の光高は江戸で生まれた子供に会うため471kmの参勤交代の道のりをわずか6泊7日で駆け付ける。高速参勤交代。
しかし、2年後光高が茶会の席で急に倒れて死去。享年30歳。30歳が急死って。
妻の阿智子(清泰院)も、11年後の1656年に亡くなりました。同じく享年30歳。

その翌年、息子の加賀藩4代藩主綱紀(15歳)が、母の冥福を祈って白山比弯声辧覆靴蕕笋泙劼瓩犬鵑犬磧砲法愬鮖概噺』を奉納し、こんにちに伝わっています。

今日は、刀の話で始めたけど、みんな若い。昔の人は、生き急がないと人生終わってしまう…。

【2019.07.11 Thursday 09:51】 author : いづな薫 
| 刀剣 | comments(0) | trackbacks(0)|
過去のページへ

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中