大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 2020年05月の記事 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
フレンチトースト


フレンチトースト、これがやめられません、美味しくて。
と言うわけで、お休みの日に食べたいフレンチトーストのご紹介。

お屋形さまの幸せレシピ



材料 1人分

食パン 4枚切り1枚or6枚切り2枚
卵 1個
牛乳 100 漬け込み用砂糖 大さじ1
バニラビーンズ 少々
シナモン 少々
ラム酒 少々
バター 大さじ半分
粉砂糖 適宜
好みで野菜サラダ


作り方

1)バットに、卵を入れ白みを分離しないようよく混ぜる。牛乳、漬け込み用砂糖、ラム酒、バニラ―ビーンズも入れ、パンを漬け込む。
 2時間漬ける。1時間たったらひっくり返す。

2)フライパンにバターを敷き、1のパンを裏表、弱火で5分ずつ焼く。
 必ずふたをする。パンをひっくり返すとき以外動かさないのがコツ。

3)お皿に盛り、粉砂糖とシナモンをかける。
 好みで野菜サラダを盛り付けて下さい。 

【2020.05.30 Saturday 10:36】 author : いづな薫 
| 武将キッチン | comments(0) | -|
ブルーインパルスと日本のコロナ対策が成功したわけではない話


このブルーインパルス、飛ばすのに何億円かかったのか知らないが、医療従事者に感謝なら 危険手当の方が良いだろうに。
安倍のやることなすこと、国民のためと言う”振り”だけである。
安倍は、納税する国民が減っては困るが、全ての生命、国民の財産を守る気は微塵もないと思う。

非常事態宣言解除の時の記者会見も噴飯ものだった。
”国民のため”と言うのがこれほど空々しく、うそ臭く、軽薄な人間はいない。

「わずか1カ月半で流行をほぼ収束させることができた。日本モデルの力を示した」と自画自賛していた。

日本モデルって何なんだよ。
世界では、日本の評価は高くない。
アジア諸国の中で、日本は致死率第2位である。
中国や韓国の方が被害を小さく抑えている。
抑え込みに成功した台湾は、日本の19分の1の致死率である。
日本をはじめアジアで蔓延したコロナウィルスは、コウモリのコロナウィルスに近い型で、欧米型よりも悪性度が低い。
明らかに、アジア諸国は欧米より今まで被害が少なくて済んでいる。
BCGを接種している国とそうでない国、という説も上がっていたが、さてどうか。 ロシアも接種しているが、被害甚大である。
補則:BCGは、結核予防ワクチンだが、結核が発展途上国で多いため、先進国では接種が少ない。


さて、今秋、冬、欧米経由の悪性度高い型が日本に入ってくる可能性があると疫学者は言う。
日本を含めアジア諸国では、第2波は激甚な流行となるかもしれない。
だいたいどこも、第1波より第2波の方が被害が大きくなる場合が多い。
検査数が少なく、市中感染が多い日本ではそもそも感染の実態を掴んでいない。
非常事態宣言で一時的に抑え込まれていたウィルスが、感染爆発を起こしても不思議ではないのである。
安倍は、収束したと明言し、コロナは終わり!の雰囲気だけ勝手に作っている。
こう言う風に言っておけば、バカな国民は遊びに出て経済を回すだろうと言う意図が見え見え。

ウィルスは、台風と違い過ぎ去ってしまえば回復するものではない。
対策を緩めれば、たちまち蔓延する。
日本は、欧米の被害状況を詳しく分析する必要がある。政府は、第2波第3波に備え立案しなければならない。

すでに、北九州市が第2波の最中である。
東京都も、ひとケタが二けたになり、今日は半月前の20人台まで戻ってしまった。

私は、以前もリモートワークを取り入れていたが、コロナを期に100%リモートワークに入った。
昔ながらの対面を重視し、リモートワークを渋る仕事相手もいる。
申し訳ないが、そう言うビジネスはすべて断ち切った。
この状況で方針を転換できなければ、一緒に仕事しても先はない。
私は家で国際間の会議もするし、平日日中、スーパーに出かけることもある。
通勤もないし、仕事関連の飲み会に付き合わされることもなく、快適。仕事がはかどっている。


【2020.05.29 Friday 21:13】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(0) | -|
黒川をめぐる一連の、安倍政権と検察の争い
東京高検の前検事長・黒川氏が辞任に追い込まれた。
黒川を任命した安倍内閣支持率が27%に落ちて来た。

この黒川、賭け麻雀の次は、韓国で買春したと文春に書いてある。
底なしにろくでもない奴である。
黒川氏は、検察庁法改正案と賭け麻雀事件がなければ、検察1になっていた人物である。

黒川氏が、賭け麻雀をやっていることは、今分かったことではないはずだ。
麻雀は相手がいるし、黒川氏が賭け麻雀をしていることは周囲はよく知っていたはずである。
それを、今回文春にリークしたのは誰か。なぜか。

リークしたのは、検察か官邸か。まあ、そこら辺であろう。
検察庁法改正案が今国会で成立できなかったので、黒川が邪魔になった。
だから、社会から消すために、文春にリークした。

賭け麻雀は法律違反である。
それを、検事である黒川がなぜやったか。
文春記事によると、黒川は常習犯である。

賭け麻雀常習犯であること、買春したことを弱みを握られていたか。
弱みを握られていたからこそ、黒川は政権の用心棒として働いたか。
黒川氏が不起訴にした事件は、小渕優子ドリル事件、甘利明口利き現金授受疑惑、森加計、福島原発に反対した佐藤元知事を贈収賄0円で逮捕などである。

黒川氏の事件は、実は、安倍政権と検察の争いでもある。
安倍政権は、政権に都合の良い黒川弘務東京高検検事長を検事総長にしたい。

すると、稲田・現検事総長(63)が邪魔である。
稲田氏は、まだ定年(65歳)まで2年もある。
しかし、安倍政権は、稲田検事総長に辞めろと迫った。
更には、黒川の定年延長を閣議決定した。
黙っていなかったのが、稲田現検事総長。
稲田氏検事総長は、安倍に抗い河井夫妻の捜査に着手したのである。

さて、ここで、贈収賄疑惑で良く出て来る、河井克行衆議院議員、河井案里参議院議員に触れねばならない。
夫婦で自民党国会議員である。

妻の河井案里(かわいあんり)参議院議員は、2019年の参議院選挙で初当選している。
この選挙の前に、案里と夫の政党支部に、自民党本部から合わせて1億5000万円が振り込まれている。
案里はこの金の出どころについて「違法性はない」と述べている。
しかし、1.5億円は、相場の10倍である。
自民党本部の金と言うことは、安倍総裁の指示であった可能性が否めない。
なぜ、河井夫妻だけ高額の資金が振り込まれたのか?
なぜ、10倍もの金が必要だったのか。
案里を当選させるため、金をばらまけ!、の自民党本部の指示ではなかったのか?

自民党本部が、買収のため1.5億円出したのなら、自民党本部、安倍総裁、菅官房長官らの幹部への捜査は必須である。

河井夫妻捜査にやる気満々なのが、現検事総長の稲田氏。
安倍は、稲田検事総長追い落としに失敗し、黒川も賭け麻雀で辞任に追い込まれた。
黒川の代わりに新しく、東京高検検事長になりそうなのは稲田氏派の名古屋高検の林検事長である。
こうしてみると、安倍政権と争いは、検察の勝利のように見える。

所がこの争いには、まだまだ続きがある。

安倍は、黒川を切り捨てて、河井夫妻から連座する追及から逃れようとしている。
河井氏在宅起訴になるか、逮捕になるか。捜査は自民党本部や総裁に及ぶのか。
官邸と検察の暗闘は、まだ続いているのである。


【2020.05.23 Saturday 21:12】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(4) | -|
アーモンドと黒糖とメープルシロップのスコーン


私は好きなスコーン屋さんがあるのですが、コロナで自粛&リモートワーク中なので、買いに行っていません。
で、家で作ってみたら、案外うまくできるじゃんとあれこれ作っています。
皆さまもお試しくださいませ。

お屋形さまの幸せレシピ

アーモンドと黒糖とメープルシロップのスコーン






材料 

薄力粉150g
全粒粉 50g(なければ、薄力粉。粉が合計で200g)
アーモンド 一握りぐらい ベーキングパウダー 8g
黒糖20g 
メープルシロップ 20g
1cm角くらいに刻んだ冷凍バター 50g
冷えた牛乳 50
冷えた卵 1個
あればラム酒 小さじ1


作り方

1)ボウルを用意し、薄力粉、全粒粉、ベーキングパウダーをふるいにかける。

2)黒糖を冷たい牛乳で溶かしておく。冷蔵庫へ。

  3)アーモンドを袋に入れ、砕く。 4)1に、刻んだ冷凍バターを入れ、スケッパーなどで、ざっくり混ぜ込む。こねないで〜。

 

5)粉とバターがだいたい混ざったら、冷たい卵と2の冷たい牛乳と黒糖を入れる。
 砕いたアーモンド、ラム酒、メープルシロップも入れ、ざっくりまぜる。
こねると固くなるので、粉が残るくらいざっくりと混ぜればOKです。

6)四角くまとめビニール袋に入れ、冷凍庫で1時間寝かす。

7)1時間たったら、オーブンを200度に温める。
 冷凍庫から取り出した5を3〜4cm角くらいに切り、オーブン200度11分で焼く。
 冷まして出来上がり。


おやつに摘まむのにちょうどいいです。

私の行くスコーン屋さんは、月替わりで商品が変わりますが、あれが食べたかったのにと思っても月が替わればおしまい。
家で作れば、好きなものをいつでも食べられ、幸せ。
特に好きなのは、ダブルチョコとキャラメル&ナッツです。

在宅ワークでお菓子消費量がかなり上がり、米菓メーカーの三幸製菓さんは急遽正社員を80人募集とか。
確かに、家にいるとお菓子食べちゃう。うひひ
 

【2020.05.21 Thursday 09:45】 author : いづな薫 
| 武将キッチン | comments(0) | -|
黒川検事、違法賭け麻雀


もうめちゃくちゃ。 違法行為を起訴する検事が、違法賭け麻雀している。
しかも、国民が非常事態宣言で苦しむ最中である。
安倍が、黒川の任期を延ばすため法改正しようとし、その黒川が違法行為。
黒川は、一発レッドカードものである。辞任してくれ。
安倍と安倍友って、本当クズばっかり。
黒川と接待賭け麻雀やっていた、産経記者と朝日元記者。
違法行為の記者たちの所属する新聞社も責任がある。
日本記者クラブなんて解体もの。

黒川、検察庁法改正案の騒動がなければ組織のNo.1になっていた人物である。
狂っているね、検察と言う組織そのものが。

菅官房長官が、マスク価格が下がったのはアベノマスクのおかげと発言。
菅の言うアベマスク効果、マクロ経済学詳しい方、教えてください。

私は、以前よりリモートワークが多かったけれど、コロナで100%在宅ワークになった。
皆さま在宅ワークが多く、普段国会中継を見られない人も見て、Twitterがにぎわっている。
安倍政権の悪政策を皆さま目の当たりにすることが多くなり、大いに結構である。
日本の屋台骨が、腐り落ちないうちに立て直した方が良い。
コロナが、政治の病巣をあぶりだす。

【2020.05.20 Wednesday 21:39】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(0) | -|
首相は「朕は国家」のルイ14世


頼むから、もう安倍消えてくれ。
安倍、黒川、詭弁山口、もういなくなってほしい。
国民コロナで苦しみ、動きが取れない時に、まともな対策も打たないばかりか、極めて有害な法案を通そうとする。
安倍にとって、国民なんてぞろぞろ歩いている虫か何かと同じなんだろう。
今日は大量に仕事こなして、疲労したので、ここでおやすみなさいします。

皆さま、良い夢を。

【2020.05.16 Saturday 22:30】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(3) | -|
検察庁法改正案に抗議


コロナのどさくさにまぎれて、安倍政権がとんでもない法案を通そうとしている。
検察庁法改正案である。
検察人事に内閣が介入できるようにする法案です。
安倍の意のままになる、東京高検の黒川検事長の定年を延長させるというもの。
検察の私物化もいい所。
安倍の暴挙はこれまでもいろいろあったが、国民がコロナで苦しんでいるこの時期につけこむような所業である。
まさに、法匪(ほうひ)である。

安倍政権が、訴追されないためには黒川氏が必要なのである。

ちなみに、この黒川氏が今まで何をやって来たか。

・小渕優子ドリル事件
・松島みどりうちわ配布事件
・甘利明贈収賄疑惑
・加計学園:パーティー券問題 下村元文科相を不起訴
・森友学園問題

これらを不起訴、強制起訴も出来なくしたのが黒川氏である。
強制起訴とは、起訴しない場合、起訴すべきだとの議決を経て、検察官役の指定弁護士が強制的に起訴することを言います。

黒川氏のニックネームは、「官邸の用心棒」。
この黒川氏が、今ネット上でものすごい数の人たちから批判を浴びている。
コロナで外出しないのかもしれないが、スーパーでも行こうものなら石投げられるレベル。
これだけ騒ぎになっているのだから、「私、辞めます」と言えばいいのに、言わない。
辞めない理由はちゃんとあるのだろうよ。
安倍および安倍周囲に恩を売りまくり、多大な見返りがこれからあるのか。


【2020.05.10 Sunday 16:35】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(6) | -|
安倍、国立感染症研究所出勤8割減


安倍政権は、政策内容の良しあしよりもイデオロギーを優先する政権なので、韓国の上手く行ったコロナ対策をお手本にすることはなかった。
けれども、世界の幾人かの大統領や首相は、韓国の文大統領に直接電話をかけ、そのアドバイスを聞いている。
もちろん、韓国のコロナ対策の成功も一時的なものであることは分かっている。
国境を超えれば、相変わらずコロナは猛威を振るっているからだ。
でも、その比較的功を奏した韓国ですら、集団感染が見つかった。
経済活動の再開にも影響するであろう。
日本は、どれほどの人が感染しているのかもわからない状態で、中途半端な抑え込みをやっている。
第一波を抑え込んだとしても、第二波は更に大きな脅威となって我々に襲って来るのではないか。
大抵、第二波の方が感染者が多い。
韓国よりも、日本はさらに経済の通常化が遅れることが懸念される。

【2020.05.08 Friday 17:15】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(0) | -|
コロナはいつ終わるのか。
昨日、安倍首相の非常事態宣言延長の記者会見を全編見た。
いつも同じ、やっている雰囲気だけ見せる安倍の会見と、よいしょするメディアの茶番会見である。
記者質問もフジや産経など”最御用メディア”が冒頭に来る。
NHKは、一部分だけ切り取り、後は解説になる。
安倍のしているように見せる雰囲気を、よりバージョンアップさせテロップで流す。
御用メディアの質問は、事前に決まっており、安倍も答える内容を用意して来る。
フリージャーナリストの質問になると、地上波では番組に切り替えると言う徹底ぶり。

安倍のこれらの虚像を信じている、日本人は誠に多い。

コロナは長期化する。
今日になって、コロナ想定外の長期化という見出しがメディアに登る。
そんなこと書いている時点で、もうだめなんだよ。
1月、少なくとも2月には、予想は出来たはずだ。
安倍政権も、小池都知事も五輪開催ばかり推進し、コロナ対策が著しく遅れた。

疫学者たちは、早い段階でシャットアウトできる期間は終わったと言っていた。

私たちの生活はこれから変わる。
在宅ワークが多くなり、人と人との付き合い方も変わる。
歴史の中では、コロナ以前、コロナ後と言われるようになる。

嵐の大規模コンサートが年内、無観客で開催?というような記事を見た。
沢山お客さんを集めて来た、イベントも形を変えていく。
欧米が経済再開し始めたが、レストランや映画館、ショッピングモールなど人が多く集う会場は例えば入店できる人数を25%までに制限するなどして開店するそうだ。

ドイツは他のヨーロッパの国々と比べ、死者数をかなり抑えられた。
それでも、感染者約16万人に対して約6700人が死亡している。
私にはドイツのバイエルン州で公務員をしている友人がいる。
17年くらいの付き合いがあり、留学当初からの親友である。
友人は、1日おきに出勤、在宅ワークを繰り返していると言う。
小学校低学年の子供がいるのだが、学校が休みのため、勉強を教え、世話をし遊びに付き合い日々大変だそうだ。
やっぱり家庭で、大量にマスクを縫っている。www
その友人が、安倍の無能さを良く知っていて、いつもこの話題になる。

このコロナ流行がいつ終わるか。
コロナのワクチンが12〜18か月後に出来る可能性がある。
でも、ワクチン接種できるのは医療機関で、他の来院者も診ながらの接種となる。
国民全部にいきわたるのは、10年もかかるのではないか。
その間、コロナがぶり返し、何度か人類を襲うと思う。
薬ができ、免疫を獲得し(免疫がまた1年程度しかもたないと言われている)、人々がコロナを恐れなくなる。
コロナ終息は、そのような形だと思う。

【2020.05.05 Tuesday 20:08】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(2) | -|
ブラッドオレンジのフルーツサンドと野菜サンドイッチ


さわやかなデザートのようなフルーツサンドと、塩気のある野菜サンドの組み合わせが絶妙です。
出来立ての柔らかいパンを買って来て、作り食べるとそれはもう美味です。
ぜひどうぞ。

お屋形さまの幸せレシピ




材料

パン 10枚切り1斤
ブラッドオレンジ 2個

カスタードクリーム 
卵 1個 
牛乳200cc
小麦粉 大さじ2 
砂糖 大さじ4 
ラム酒 少々  あれば
バニラビーンズ 少し あれば

きゅうり 1本
サニーレタス 3枚
トマト 1個
バター 適宜
からし 適宜
マヨネーズ 適宜
塩 適宜


作り方 

1)カスタードクリームを作ります。鍋に、卵を溶き、砂糖大さじ4を混ぜ、小麦粉大さじ2を振り入れます。
 牛乳を少しずつ入れ、混ぜて行きます。
 だまを作らないように、少しずつ混ぜます。
 ラム酒少々、バニラビーンズ少々も入れます。  中火、弱火で、木べらでかき混ぜながら加熱します。
 クリームが出来たら、火からおろし冷まします。ボウルなどに水を張って冷ますと良いです。

2)きゅうりを長さ半分に切り、縦割りにして薄くスライスします。
 トマトもスライスします。
 サニーレタス、トマト、きゅうりに軽く塩を振ります。

3)パンの片面に、バターとからしを塗ります。これを3枚作ります。
 その上に、きゅうり、トマト、サニーレタスの順番に載せます。
 マヨネーズを、かけ、何もついていないパンで挟みます。
 これを3組作り、軽く押します。
 ビニール袋に入れ、冷蔵庫に保存。

4)ブラッドオレンジを剥きます。
 パンに1)のカスタードクリーム(全量の4分の1)をたっぷり塗り、ブラッドオレンジを並べます。
 その上からまたカスタードクリーム(全量4分の1)を載せ、パンで挟みます。
 これを2組作り、ビニール袋に入れ冷蔵庫で1時間ほど保存。

5)出来たサンドイッチを、切れるナイフで切って行きます。
 お皿に並べて、さあ召し上がれ。

 

【2020.05.03 Sunday 10:58】 author : いづな薫 
| 武将キッチン | comments(0) | -|
過去のページへ

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto→東京

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中