大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
太刀 延吉(のぶよし)


太刀 銘 延吉(のぶよし) 国宝

これを見ていた時、よそのおじ様2人連れが、

「これなんて読むんだ?」

「えんきちだよ、えんきち。」

「そうか、えんきちか」

「ちがうよ、おじちゃん。」とは言わなかったいづな。
黙って聞いていて、「いんちき」みたいで必死に笑いをこらえていました。

正しくは、「のぶよし」です。

で、延吉(のぶよし)って何かというと、造った刀工の名前です。
大和国吉野村龍門ってところに、千手院と言う刀工グループが住んでいました。
そのグループのひとりが、延吉(のぶよし)ね。

姿よく地刃の出来は穏やかで、延吉(のぶよし)の作品の中でも特に秀作。
後水尾天皇の佩刀と伝えられています。
拵および金襴の袋も、同天皇時代の品です。

【2019.03.01 Friday 17:11】 author : いづな薫 
| 刀剣 | comments(0) | trackbacks(0)|
いろいろニュース

【2019.02.28 Thursday 13:57】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(2) | trackbacks(0)|
トランプ非常事態宣言


非常事態、そんなこと誰も思っちゃいない。
権力者の勝手な判断で非常事態にされ、9000億円もの予算が壁に使われてしまう。
福祉や教育、医療や税そのものの節税とか他にやれることはあるだろうに。

安倍政権の、憲法改正案の中に「緊急事態条項」と言うものがある。
今回トランプがやったように、安倍改憲案の緊急事態条項はこの様に乱用されるのだ。
米国の民主党は裁判で対抗するようだが、日本で緊急事態条項が使われた場合、裁判所は政権に屈するのだろう。

沖縄の辺野古埋め立てと米国の壁、民意を無視し強行突破しようとするトランプと安倍の姿勢が似ている。

トランプは、2020年の大統領再選に向けて当選するようあらゆる手を打ってくる。
格差が進み、貧困や不満をくすぶらせる層には拝外主義政策が用意される。

安倍首相は、トランプ大統領を日本国民を代表してノーベル平和賞に推薦したと言った。
日本国民はいつまで、この痴人を首相にしておくのか。
世界中のどこに、トランプがノーベル平和賞にふさわしいと考える奴がどこにいる。安倍くらいなものだ。「日本国民を代表する」なんて甚だ迷惑。
民主主義が試されている、と言いたいが日本人はすでに多くが政治にも民主主義にも関心をなくしたように思う。
こういう場合どうなるか。
行くとこまで行くんでしょ、太平洋戦争の時みたいに。
80年前も、まさか戦争になるとはと、多くの人がきづく前に戦争になったと思う。

【2019.02.17 Sunday 19:09】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(2) | trackbacks(0)|
佐野美術館で刀剣鑑賞


静岡県三島市の佐野美術館に、刀剣鑑賞に行って参りました。
三島市は、東京よりだいぶ暖かく春のようでした。
ちょうど梅が満開で、美術館の庭内に典雅な香りが漂っていました。



大坂城落城や本能寺の変、明暦の大火、関東大震災など戦乱や天災で焼かれた刀剣を後世の刀工が焼き直したものの展示です。
1560年、織田信長が桶狭間の戦いで、今川義元を討ち取った際、分捕った刀もあります。

名刀は、神様として扱われたりや権力のシンボルとなりました。
戦乱天災で焼かれた名刀を、刀工たちが再刃して蘇らせてきました。
いつ焼き直されたか不明のもの、または越前康継が再刃したものなどあります。

越前康継は、徳川家康から一字もらった家康のお抱え刀工です。


【2019.02.16 Saturday 16:36】 author : いづな薫 
| 刀剣 | comments(0) | trackbacks(0)|
安倍の世迷言と米大統領選、税制
2月10日、自民党が2019年度の党大会を開いた。
アベノミクス3本の矢で、GDPは6年間で4倍。10,9%の成長率だそうだ。
厚労省が、実質賃金、大半マイナスを認めてるんだが。
嘘を本当だといい、誤りを指摘する勢力は潰す、それが安倍政権である。
なんだろうねコイツら。ごろつき集団。
総理大臣職務遂行能力のない人間が、総理をしている。

米国では今、大統領選挙に向け候補者選びが熾烈だ。
私は、民主党の女性候補アレクサンドリア・オカシオ・コルテス氏に注目している。
政治家なので容姿はどうでもいいが、知的で綺麗な人である。
コルテス氏は、28歳のヒスパニック系女性で民主社会主義者で、2018年11月6日、中間選挙下院選で当選した。
史上最年少の女性下院議員だ。
彼女は、元ウェイターで貯金が70万円しかないそうだ。
ニューヨーク出身で、民主党の下院議員だ。
議員になる前は、ウェイターやバーテンダーなどの2つの仕事を掛け持ちし、1日16時間も働いていた。
お母さんも、バスの運転手や家政婦をしていたそうだ。
それだけ働いても、自宅を競売にかけられそうになったという経験を持っている。

そして、彼女はトランプと大統領選を争ったバーニーサンダース氏の選挙スタッフだった。
私は、サンダース氏が米国大統領になることを望んだ。彼が大統領になれば世界が変わる。
もし、サンダース系のコルテス氏が将来米国大統領になればこれも良し。
実際、極右のトランプのおかげで民主党内はどんどんリベラルに傾いている。
2020年極右のトランプと大統領選を競うのは、富裕層&支配層出身者ではトランプに利がある。
民主党が候補に挙げて来るのは、トランプと逆の要素に満ちた人物だと私は踏んでいる。誰がトランプと戦うのか、非常に楽しみだ。

コルテス氏の主張の主なものは日本円で年間所得1000万ドル(11億円)超える人に、70%の税率をかけると言うものだ。
現在、50万ドル超える人に37%の税率が適用されているのに比べるとかなり高い。
そして、コルテス氏は国民皆保険や公立大学の授業料無償化も訴えている。

同じく、民主党の女性候補エリザベス・ウォーレン上院議員も、保有する資産にも課税すべきと言っている。
5000万(55億円)〜10億ドル(1150億円)の資産保有者には70%の課税を主張している。

庶民からすれば、ものすごい金額だが、こんな人たちは増えている。
今は、アメリカ人が人数でトップだが、アジアが追い上げもうすぐ抜くだろう。
超富裕層は以前よりも所得が増え、社会が生み出した富をかつてないほど支配している。

米国は格差社会がかなり進んでいるが、米国で起きることは、数年して日本で起きる。
トランプのような幼稚でチンプな言論を繰り返す大統領が当選し、それではだめだとコルテス氏のような若い候補者が人気を集める。

格差の大きい社会は、富裕層を含め多くの人々を幸せにしない。
米国もだが、日本は今、自由主義が染みわたっている。
自由主義と言うものは何か。
税制においていえば、富裕層は低所得層より税金を多く払うのを拒否する考え方である。
社会から多くの所得を受けたなら、社会に還元することで、社会を活性化させる。これが、良いと思うのだが。
一部の人が権力も富も握り、大多数の人は生活に困り、社会的不安を感じながら生きることになる。
社会不安を感じる人々には、はけ口が用意される。
排外主義である。
中国や韓国が嫌いって言う、外国を叩く思想。
海外から恩恵を受けることもなく、文化知識もないから、ちょっと何か言われるとに人格否定されたと思い込む。
江戸時代の不満のはけ口に置かれた、えた・非人制度がそれだ。
日本の経済政策は米国の新自由主義を模倣している。
米国は、第二次世界大戦が終わったばかりの頃、最高税率92%も取っていた。
それを、レーガン政権がこのような高税率では社会の活力が失われると高額税率を下げ、低福祉に踏み切っている。

日本は米国にならい、規制緩和や大企業を優遇し、同時に消費税も取る。米国は小売り税はあるが消費税なし。
消費税は、福祉目的と言うがこれが大うそ。
福祉になんて、微々たる額しか使わていない。
ヨーロッパは税金を、高負担・高福祉だ。
日本は低福祉で、米国にはない消費税まで取っている。
どれだけ搾取されているんだか。よく黙っているな、皆さま。
バカが権力を握ることほど危険なことはない。

【2019.02.11 Monday 10:53】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(2) | trackbacks(0)|
過去のページへ

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中