大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 謙信公祭り見参! | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
では、行って参ります。

【2014.08.23 Saturday 10:56】 author : いづな薫 
| 謙信公祭り見参! | comments(0) | trackbacks(0)|
謙信公祭と、柏崎刈羽原発廃炉を求める署名


今年も行って参りました、新潟県上越市の謙信公祭。
暑さもさほどではなく、途中スコールがあったりして、祭り開始時には程よい温度でした。
雨情報下さった、たかしくん様ありがとうございます。

お屋形さま、この日はいつもの甲冑ではなく、黒い狩衣をお召しになり、黒地に金銀箔をあしらった扇子を手に、葦毛の馬に乗って登場されました。
上越タウンジャーナルが良い映像を公開しているので、こちらでどうぞ。

今年も謙信公祭を無事開催していただき、関係者皆々さまに心より感謝いたします。

例年思うのだが、まるでそこだけ中世、謙信公が約450年の時を経て颯爽と現れたような錯覚を覚える。

謙信公のセリフ、ひとつひとつ、そう仰ったのだという気にさせられる。

当ブログは最近、原発、領土問題、日米関係など時事問題が多い。
歴史の記録として残っている史料は、ジャンルで言えば政治経済が圧倒的に多い。
歴史が好きなら、政治経済に強い関心を抱くのが道理である。
謙信公もまた、450年ほど前の政治家である。
国を豊かにすることで、戦争をなくそうとした立派な政治家である。


私が、このブログを始めて、上杉家ゆかりの皆さま、新潟出身の皆さまと知りあえて、
本当に素晴らしいつながりが沢山出来た。
各界のエキスパートである皆さまに、公私にわたって助けていただいている。
”義の心”でつながっているので、現代の政治問題にしても賛同いただけ、心強い限りである。

今回、新潟に行くにあたって、非常に憂慮していたことがある。

再稼動が叫ばれる、東京電力柏崎刈羽原発である。

上杉会義太郎さまから贈られた(ありがとうございます)、お屋形さまポスターを荷物預かり所に預かってもらおうと、
歩いていると、偶然、柏崎刈羽原発再稼動反対の署名を募る皆さまに出くわす。
お屋形さまのお導きか?!
謙信公のご利益か、不思議と会いたい人に出会える私。


東電福島原発の大事故が今も続く中、一方で同じ東電の柏崎刈羽原発再稼動が大変な勢いで進められている。

柏崎刈羽原発再稼動に抵抗している、泉田新潟県知事にマスコミによる人物破壊が行われている。
人物破壊とは、標的とする人物を暗殺ではなく評判や人物像を破壊する行為。
小沢一郎さんや鳩山由紀夫さん、山本太郎さんもターゲットになった。


例えば、「再稼動できないのであれば、電気料金値上げになる。これは泉田知事のせい。

だまされてはいけない。
泉田知事のおかげで、日本の安全は守られているのだ。


署名用紙と、泉田知事へのご意見を書くはがき(切手不要)をいくつかお預かりした来たので、知人友人、デモ会場などで
ご協力をお願いする予定です。
皆さま、よろしくお願いいたします。

遠方の方で、署名、泉田知事へのはがきにご協力下さる方は、いづなにメール下さい。
はがきは請求になりますが、署名用紙はコピーをメールでお送りします。


以下の映像に、泉田知事の主張が簡単にまとめられているのでご覧いただきたい。


20130822a_論理的に再稼動反対する人を変人にして... 投稿者 bakaTepco15


謙信公の領国に、世界最大の原発(7基)。この許しがたい現実。
危険な再稼動に反対する泉田知事に対し、人物破壊が行われる。
それで良いのか?!
祭りを楽しんだ皆様にもどうか、声を上げていただきたい。

【2013.08.26 Monday 22:05】 author : いづな薫 
| 謙信公祭り見参! | comments(4) | trackbacks(0)|
謙信公祭

謙信公祭のため上越市春日山におります。
炎天下のため、暑い〜。

【2013.08.25 Sunday 12:49】 author : いづな薫 
| 謙信公祭り見参! | comments(2) | trackbacks(0)|
謙信公祭と柏崎刈羽
新潟県上越市の謙信公祭が、本日と明日開催される。
謙信公祭の記事をご覧になるため、当サイトにお越しになる方が一定数いらっしゃるので書きたい。

祭り会場の上越市から、40〜50kmのところに世界最大の原発、東京電力柏崎刈羽原発がある。
原子炉が7基もあり、どれかひとつでも事故を起こしたら、新潟どころか日本がダメになる。
お屋形さまの領国に、こんな危険な原発がある。

今も再稼動をごり押ししたい東電&政府と、泉田新潟県知事の話し合いが難航している。

同じく東電の福島原発は、海に毎日ドラム缶1500本分の高濃度汚染水が流れ出し、手の付けられない状態である。

規制委の田中俊一委員長は記者会見で、「恐れていたことが起きた」、「1分も無駄にすることはできない」と
述べた。
一生懸命任務に当たっているような言いっぷりだが、水漏れ視察は今頃、
柏崎刈羽原発再稼動の仕事優先で、福島を放置していてこのザマである。


汚染水には、骨にたまると白血病を引き起こすストロンチウムが含まれている。
汚染水漏れ原発で働く作業員は、より確率の高い、白血病発症の危機にもさらされる。
福島の子供の甲状腺癌発症率は、既にケタ違いに高い。
時間を経てその他地域の人たちの、ガン発症率も押し上げるだろう。
怒涛の如く押し寄せて来た、アヒル(アフラック・米の保険会社)の主力商品はガン保険である。
TPPで医療が自由化され、日本人はアフラックに入らざるを得なくなる。

太平洋も日本海も汚染され、日本だけでなく、対岸のアメリカ、南米にも放射性汚染水は打ち寄せる。
陸も海も空も汚染されるのである。
外国から巨額賠償金を請求される可能性だって高い。もしそうなれば我々が払うのである。


こんな危機的状況なのに、新潟の柏崎刈羽原発再稼動が叫ばれている。

東電管内の電気は余裕がある。
電気が足りないのではなく、金が足りないため、危険な原発を動かそうとする。
狂っているとしか言いようがない。

祭りは良い。
でも、危険な原発がなければもっと良いに決まっている。
謙信公祭、ご参加の皆さまにも、この重篤な問題をどうか考えていただきたい。

【2013.08.24 Saturday 11:23】 author : いづな薫 
| 謙信公祭り見参! | comments(0) | trackbacks(0)|
謙信公祭日記
今年も行って参りました謙信公祭、14万人の人出だったそうです。


春日山駅で武将と駅員さんにお出迎えを受ける。 
右:あろうことか、春日山城下まで潜入している山本勘助。笑。サインをしている、書いている名前はもちろん「山本勘助」。
他に山県昌景や真田幸隆も。甲斐の武将もイケメン揃い、一見の価値あり。川中島で待ってろよ。笑


戦国サミット・グルメ大会で義の塩アイスクリームや肉巻きおにぎり、焼きそば、お菓子などさんざん食べた頃、
「いい加減、登城せよ。」とお屋形さまの声が聞こえた気がしたので、上杉会義太郎さまと登城。
左上は、春日山城天守の土台修復用の土。
これを持って、天守に向かう。猛暑中、いささか重い。
右:残暑の春日山城にも秋が来ている、ススキの穂。


左:謙信公が御祭神の春日山神社。
社殿が建っている土地は、春日山城内で謙信公の母上様のお屋敷があった所。
右:天守址の碑。


左:春日山神社境内から出発を待つ上杉軍。
右:今年のお屋形さま。
上杉伯爵家17代目の御当主様。小惑星探査機はやぶさの主導に当たった工学学者です。


左:今年初お目見えの謙信の旗、とっても素敵。
右:夜の川中島合戦。篝火の中で見る「毘」は幻想的です。


スーパーのチラシに謙信公の御名前が。笑
会場近くのスーパーで発見。
スーパーや上越観光物産センターで買ったお土産は、かんずり、塩こうじ、いり豆。
この付近は、住所に「大豆」と言う名称がある。
越後で、米栽培が盛んになったのは大規模新田開発が行われた江戸中期以降で、水田に適さなかった江戸前期以前は大豆栽培が盛んだった。
(戦国時代越後の米栽培に関しては、考慮の余地がある。山国の甲斐が22万石に対し、平野の多い越後が39万石くらいと言われている。
開発していないとは言いつつも、大坂・石山本願寺戦争に何千俵も米俵を輸送しているところを見ると、もっと多い可能性がある。)

で、大豆のいり豆を買ったのですが、香ばしさ、柔らかさと言い、絶妙です。
私はいり豆が好きで節分でなくても、東京で買うのですがこんなに美味しいのはなかなかないです。

今年は、グルメを楽しんだり、出陣行列の後ろから付いて行ったり、ゆったりまったりの謙信公祭でした。
祭りの合間、原発、TPP、消費税などの問題についても、上杉会では大盛り上がり。
柏崎刈羽原発から20kmの上越。
お屋形さまの領国に、原発があることが信じられませぬ。
しかも、使用する東北電ではなく東電のである。

楽しい祭と、現代日本を考えさせられる一日でした。

【2012.08.29 Wednesday 20:02】 author : いづな薫 
| 謙信公祭り見参! | comments(2) | trackbacks(0)|
謙信公祭に参陣

今年も、新潟の謙信公祭に行って参ります。

新潟の柏崎市には謙信公が参詣した大泉寺があります。重要文化財。

東電にお金を融資する条件として銀行が提示しているのが、東電・柏崎刈羽原発の再稼動である。
もちろん電気は足りている。
猛暑の今年、東電管内は電力が余り火力発電を止めている。
昨年夏も電気が余り東電は東北電に融通していた。
そのような状況で、稼動は必要ない。
安全性の確認も取れないままである。
欧州の基準に合わせたら、日本の原発の多くは動かせなくなり電力会社は経営不振に陥る。

2030年のエネルギーミックスを0、15、20〜25%の3案いずれかにするか?のパブリックコメント、意見聴取会、討論会の結果が出た。
0(ゼロ)が圧倒的に多い。

一方、経済界は3案いずれも非現実的との意見書を首相に持参。
エネルギー改革の邪魔ばかりしているこの連中は、既得権益ばかり守ろうとしエネルギー変革期をチャンスにとらえようとしない。
これでは日本経済も衰退するはず。
敗戦間もない頃から、世界に挑戦した東京通信工業(のちのSONY)の井深氏、盛田氏や、HONDAの本田総一郎氏のような革新的野心的経営者がほとんどいない。
(SOFTBANKの孫さんや城南信用金庫の吉原理事長のような方はいらっしゃるが。)
ビジネスがただの金勘定になり、巨大化した企業は身動きがとれず、イノベーションは生まれない。

革新的経営者と言えば、お屋形さまもそう。
今の米所とは違い、湿地多かった越後で繊維材料の青苧を畿内に売り込み莫大な富をもたらしている。
書いているとまた長くなるので、祭りに行きます。笑

【2012.08.25 Saturday 10:35】 author : いづな薫 
| 謙信公祭り見参! | comments(2) | trackbacks(0)|
馬塚古跡(うまづかこせき)〜謙信公愛馬の墓〜


謙信公祭の翌日、春日山と林泉寺に詣で、さらに南高田にある、謙信公愛馬のお墓にお参りした。
愛馬の名前は、放生月毛(ほうしょうつきげ)、1561年激戦だった第4回川中島に謙信公とともに出陣した馬である。

信玄との戦いの時、敵方の槍がお尻に刺さり驚いて、謙信公を乗せたまま走り去ったと言われている。
川中島から76km離れたこの地に謙信公と共にたどり着き、力尽きて倒れ、軍馬としての使命を終えた。
春日山城まで、あと8kmあまりの場所である。
このあたりは昔、馬塚町と呼ばれ、馬塚がその名の由来だ。
放生月毛が亡くなって今年でちょうど、450年。

450年も語り継がれる名馬、「放生月毛(ほうしょうつきげ)」は、謙信公にとって特別な馬だったに違いない。
戦国武将は馬をとても大事にし、武田信玄の館跡からも北枕にして大切に葬られた馬の遺骨が見つかっている。
信玄公の愛馬、「黒雲」かもしれない。

「甲越信戦録」と言う文書に謙信公が第4回川中島合戦の後、お供と共に春日山に命がけで戻る様子が記されている。
(江戸時代の読み物なので、そのつもりでご解釈を。)
お供は和田喜兵衛(わだきへい)、宇野左馬之介(うのさまのすけ)、和田兵部(わだひょうぶ)の3人と、愛馬・放生月毛(ほうしょうつきげ)。

 川中島から3km離れ、千曲川の「馬場ヶ瀬」と言う所で、謙信公主従に悲劇が起こった。
以下がその馬場ヶ瀬。私も訪ねたことがある。
 
 

謙信公らは、謙信公とは知らない大勢の武田軍に囲まれてしまった。
謙信公を守るため、3人の家臣たちは懸命に応戦。
しかし、和田兵部が討ち死に、宇野左馬之介が10箇所の重傷を負ってしまった。
足手まといなるのを恐れ、宇野左馬之介は千曲川に身投げしてしまう。
 
 謙信公がひどく嘆くのを見た、最後の一人の従者・和田喜兵衛は
「主君のため、家臣が討ち死にするのは世の習い。早くここを退きましょう。」
と、諌めたとか。

 その後、謙信公は放生月毛(ほうしょうつきげ)も失ったことになる、
謙信公と和田喜兵衛は、野武士に襲われながらも斬り伏せ、春日山城に帰還。
和田は、疲労か安全な食べ物もないゆえの食中毒からか、吐血する。
謙信公手ずからの看病を受けたが、絶命してしまったと言う。


南高田の放生月毛のお墓へ向かう時、道を間違えないように必死だったので、気が回らなかったのですが、お供え物を持って行けば良かったと思いました。
近くのイチコスーパーで、にんじん買えるし。
あ、でも、にんじんは16世紀に日本伝来。馬が、食べていたかは微妙。


こちらは高田にある、有名なポストの上の謙信公。馬は、放生月毛か?!
一緒に行ったミルキーさんが、美味しいお肉の当たる葉書を、ご利益ありげなこのポストから投函。
でも謙信公、ベジタリアンだからなぁ・・・。笑

【2011.08.26 Friday 21:44】 author : いづな薫 
| 謙信公祭り見参! | comments(8) | trackbacks(0)|
謙信公祭いざ参る!2011

東北の民よ、よう耐えた、よう耐え忍んだ・・・。
さぞや、つらかったであろう。
今はこの越後上越で、しばらく体を休めるがよい。
だが、けっして、あきらめるではない。
そなたらの、あきらめぬその姿が多くの民の勇気となる。亡くなった者たちの魂を鎮めるであろう。
降り続いた雨は亡くなった者たちの涙。ともに魂を鎮めようぞ。
我とともに、未来を取り戻すのじゃ。


行列を、望遠レンズで連写していたが、このお言葉を聞いた時、いづなは感極まり、涙でファインダーが見えなくなった。
(たかしくん様、セリフ情報ありがとうございます。これ考えた方、名文です。)

東日本大震災被災地の皆さまの御招待席があったので、そちらと、はるか東北に向けて語りかけられたのだろう。
しばらく、聞き惚れる。
謙信公がこの震災、原発事故をご覧になったら、きっとこう仰るに違いない。

戦国武将には「にわか坊主」が結構いるが、謙信公は本物の高僧である。
禅の修養は、最高域に達している。
これを仏道において、「正覚」と言う。
この境地に届いた者は、古来日本でも数人しかいない。
当時、最高の教養と英知、慈悲深さを兼ね備えていらした
と思う。



川中島の戦で亡くなった人々のために祈る長海御坊と、燃え盛る護摩の炎。


長海御坊は、春日山城内にあった大乗寺の住職で、謙信公信頼厚く、公の密教の師。
位は、僧位の最上位である法印。 謙信公が天正6年(1578)に亡くなると、葬儀の導師を勤めた。
謙信公の生涯は、仏教への限りない憧れと共にある。
謙信公に近侍したり、影響を与えた人物には、名だたる高僧がずらりと並ぶ。
大乗寺・長海、法音寺・能海、妙観院・尊海、雲洞庵の北高全祝(ほっこうぜんしゅく・ 兼続と景勝の師でもある)、 謙信公の不識庵の名前の由来でもある、達磨不識の禅問答を交わした益翁宗謙(やくおうしゅうけん)。
高野山無量光院第3世・清胤(せいいん)。
そして、幼い謙信公を教育した林泉寺第6世住職・天室光育(てんしつこういく)。
これだけ見ても、謙信公の知識・哲学の厚さが知れよう。
当時、僧とは学者、医師であり、戦国大名子息の教育係、外交官も勤めている。

学識だけでなく、当時最も成功した経済人だった謙信公。
話が終わらないので、本日はこのあたりで。
 
現代の経済人、アップルのスティーブ・ジョブス氏がCEO引退。病状が厳しいようだ。
私は、ジョブス氏の経営哲学、思想に少なからず関心を抱いて来た。
歴史に残る人だけに、回復が望まれる。

【2011.08.25 Thursday 20:47】 author : いづな薫 
| 謙信公祭り見参! | comments(8) | trackbacks(0)|
謙信公祭 春日山城下から2
CA3G0192.jpg
毘と龍のはっぴが素敵。

夢のような謙信公祭から一夜明けた、朝。
ホテルにて。
コメント、メールを下さった皆さまにありがとうございます。

いづなの、お屋形さまに逢う旅はまだまだ続きます。

【2011.08.22 Monday 08:12】 author : いづな薫 
| 謙信公祭り見参! | comments(2) | trackbacks(0)|
謙信公祭 春日山城下から1
CA3G01910001.jpg
お屋形様〜いづなも帰陣いたしました春日山!
昨夜の晩御飯は、春日山城下・から松や様で謙信公ファンの皆様と、会食しました。
今日も戦国カフェ読者様から続々、メール&お電話をいただいております。
ありがとうございます!

【2011.08.21 Sunday 10:29】 author : いづな薫 
| 謙信公祭り見参! | comments(3) | trackbacks(0)|
過去のページへ

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中