大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 『天地人』感想 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
天地人感想 「史上最大の密約」
あったかも、なかったかもしれない、密約のお話でした。

家康、カッコいいっすねーイケ面おじさんが演じたら惚れます。
家康のもとへ逃げ込んで来て、家康を
「天下を、私物化する人物」、と罵ってしまう三成。おいおい。

三成は今で言う、官僚タイプで、政治家としてはどうにも発言が甘い。
昨今の政治家にも、大いに言える事だが、
言葉は生き物で、政治家にとってそれは時に、命取りになるのじゃ。

三成 ―――― 天下万民を幸せにする。
家康 ―――― 天下を私物化する。

 家康を主人公にすれば、彼が天下万民を思う様に描かれるはずだが、上杉の敵なので、今回は悪役思考なのね。

 家康、毛利、景勝、兼続で、物言いになった場面は、今回一番好きである。
 家康×上杉の対立、タイムマシーンがあったら、私はぜひともこの緊迫を見たい。


 上杉家がひたすら太閤の遺言を守り、秀頼を立てると言っていたが、それだけで西軍に組するほど、
景勝も兼続もお人よしではないはずである。
 
 もちろん、上杉家なりのがあってのことである。
 ”利”に、ご興味のある皆様は、どうぞ昨日の当ブログ、「座談会 関ヶ原」を御覧下さいませ。
 
 あ〜でも、「天下は、ただ一人のものにあらず!」と言う兼続はカッコよかった。

 直後、「おうちへ帰る!」と言い出す、景勝。
帰国すると、戦の準備していると、家康に思われてしまうと言う、兼続。
 「思われて、本望なのか?景勝??」この時点では、景勝は好戦派なのか?
 奥さんたちを残して行くのだから、好戦でもないしな・・・。
いいシーンなのに、分かりにくい。

 赤りんご 史実を言えば、関ヶ原前年のこの時期はまだ、家康と景勝の関係は悪化していない。
 景勝は、会津の国造りに着手をしたいのに、中央政権の混乱により、伏見と大坂に足留めを食っている。
 ようやく帰国を許され、急ぎ会津へ帰るのである。


ドラマに戻る。佐和山城の三成に、会いに来た兼続。
おぬし、下手じゃのう〜。」と、草履を編むの手本を見せる。
 三成が、兼続の手元を見ながら一生懸命編んでいるのが、とても可愛かったハート
兼続がわらじの補強の仕方を教え、「兵たちに、履かせてやるのであろう?」と言うセリフに、
兼続の人間的暖かさが出ていて、とても気に入っている。

 以前も書いたが、私は歴史的事象を、どれか一勢力だけを贔屓目には見ない。
 三成や兼続側にも正義があり、家康にもまた正義があるのである。
家康のこの時期の強引なやり方は、老齢に差し掛かかり、急いでいたこともあるだろう。

ただ、皆、戦乱終わらせたかったのである。 

 私は、まだこんなに直江兼続が有名になっていない頃、家中の尊敬を集め秀吉や家康をも魅了した兼続が、人望なしと言われた三成と交友関係を結んだことに興味を持った。
 三成と兼続を始め上杉側がやり取りした史料は、ほとんど現存していない。
 しかし、数少ない資料を今また、読み返したくなった。

 はるか400年も前の、ふたり友情を追いかけたい。

【2009.09.06 Sunday 22:11】 author : いづな薫 
| 『天地人』感想 | comments(4) | trackbacks(0)|
天地人感想 「家康の陰謀」
秀吉&利家のじじいフレンド、仲良しですね。
兼続&景勝の晩年も、こうなんでしょうか。笑

 三成に三杯お茶を所望し、「わしに仕えぬか。」と言う秀吉。
「ご奉公仕ります。」
その言葉に、自分を引き立ててくれた秀吉が亡くなってしまう、三成の悲しみが出ていたと思います。

 「中納言さま。」と膝ま付き、出奔を謝る真田幸村。
昔のことはよい。息災にしておるか。」と言う、景勝。
幸村の若々しさと、景勝の優しさが際立つシーンでした。

 牙を剥き始めた家康、いいねいいね。わくわくする、笑。
やはり、敵役は強くないと、ドラマが面白くないです。
 
 家康の暴言に対する、兼続も、かっこ良かった!
「上杉家執政直江山城守、申し上げまする。
 天下を操る、不穏な動きの大名とは、どこのどなたでございましょう!?」
 陪臣の身で家康に盾突くのが、いかにも兼続っぽいぞハート

夜討をかけると言う、三成を阻止する兼続。
おおっ出たぞ、島左近!
歴史ファンならたまらない戦略抜群の軍師だが、扱いは地味ですな。笑
 
 「家康に乗せられてはならぬ。」と三成に言う兼続、力強くて素敵ハート
「いずれ、戦になるかもしれないが、今は知恵の限りを尽くす。」 調略を得意とした兼続らしいです。
 最近、どうにも兼続がかっこいいです。

 ただ、四大老五奉行がいくら家康を責めても、力ある家康にはかなわない。
 家康の勢力プラス、反三成派、北政所子飼いの武将らが、家康についているからである。
 いづなはいつもそうだが、西軍か東軍の戦略を、冷静に科学的に見ている。
 どちらかを、贔屓には見ていない。
約束しても、誓っても、法律もない時代、強者である家康を止めることは誰にも出来ない。
 幼い秀頼を中心とした政権の方が、どだい無理がある。

それでも、病身を押して上杉家の頼みに尽力した前田利家が良かった。
刀を突きつけ、「貴殿の言葉を信じる。」と家康の誠意に訴えかけた、利家の誠実さが際立っていた。

 では、選挙速報、見て参りますー!

【2009.08.30 Sunday 20:37】 author : いづな薫 
| 『天地人』感想 | comments(7) | trackbacks(0)|
天地人感想 「さらば越後」
どーも。昨夜、”さらば越後”して来たいづなです。泣

国替えとは、ひどい制度ですな。
 会津の太守・蒲生氏郷が40歳の若さで急逝し、家康の押さえが必要になったのは確かだが。
秀吉がこんなことを言っていた。
「安心して民百姓が暮らせる世になったのだ、秀頼のためだけではないぞ!」
 そーかな〜?本当に戦乱の世にしたくないなら、幼い秀頼ではなく、もっと有力な大名にまつりごとをたくすべきなのだ。(そんなこと出来まいが。)
 かつて、上杉が天下を目指さず、秀吉に協力したように。

再び国が乱れたら、「越後へ帰る。」と言う、兼続。
 泉沢親子は、辛いですな。
泉沢いわく、「次男三男を百姓にし、越後に残す。百姓となれば、2度と城には入れぬ。」
越後と会津に離れ離れに住み、会うこともままならない上、身分と言う壁が家族を隔てるのだ。
 兼続とお涼が話している時、兼続が泣いていました。

この越後で、わしがして来たことは何であろうかの。

うーん、このセリフと兼続の表情に泣けた。
今日の、一番好きなひと言です。
本物の兼続も、こんな思いをしたんだろうなと思いました。
 越後のため、幼い時に親から引き離され、喜平次の近習になる。
長じてからは周知のとおり、上杉家の家政の中心となり、善政を布いた兼続。
 その苦労はみな、祖国越後のためだったはずである。
兼続のあふれる涙が、切なくて、胸が締め付けられました。
 兼続の涙、切ないが、本当に綺麗だな〜と思いました。

 仙桃院と主従の別れの挨拶。
「景勝を頼みましたぞ!」と、息子より年下の兼続に言うシーンが可笑しかったです。
 景勝が「母上、またそんなことを言ってっ」と言う様に、モジモジしたのが笑えました。
 いつまでたっても、親にとっては子は子ですね。

 毘沙門堂で、景勝が、「お屋形さま、越後を離れることとなりました。」と、拝む景勝も切なかったです。

 しかし、仙桃院、子供がこんなに大きくなっているのに、老けないのは変だぞ。
 
 越後を離れる兼続、景勝の脳裏に、亡くなった人たちが、いろいろ出て来て、万感胸に迫るものがありました。
 
赤りんご 景勝と兼続らは、越後から「六十里越え」と呼ばれる、峠道を越えて、会津へ入っている。
 兼続が荷車を押すのを、手伝っていたシーンがあった。
新潟県魚沼市から、破間(あぶるま)川沿いに、会津へ抜ける峠道である。
 六里(24km)の道のりである。
急峻なため通行に難儀したので、10倍の六十里で名づけられた。
古来越後と会津を結ぶ重要道で、1580年には、上杉景勝が、この道の通行を制限したと言う、泉沢久秀の書状が残っている。
 
 PS.来週、家康の肩揉みをする政宗が楽しみでなりませぬ。ふふふ。 

【2009.08.24 Monday 21:45】 author : いづな薫 
| 『天地人』感想 | comments(0) | trackbacks(0)|
天地人感想 「五人の兼続」
「上杉のしきりをすべて兼続にゆだねる。わしはその盾となる。」

これぞ、景勝の魅力!
 セリフは創作でも、”責任を部下に押し付けない史実の景勝”、こう考えて、兼続を執政にしたに違いない。
 そーだ、史実通りやればかっこいいのさ。笑

関白秀次の妻子の処刑は、やな感じでしたな。
その後で、秀吉が、”おひろい”を背に乗っけたり、こんな可愛い子はいないと、言っているのが、もう尋常ではない。
 処刑のすぐ後だけに、秀吉の正気を失った様がよく出ている演出だった。
こんな人物に一国が任されていると思うと、ぞっとする。

 この頭がおかしくなったを、巧みにあやつる回し三成&兼続
猿回し三成&兼続が利家とともに、芝居を打つところが面白い。

 うそ泣きする三成に驚き、あわてて慰める秀吉が滑稽である。

おひろいに協力せよ、と諸大名から起請文を取り、大名たちが秀吉におべっかを使うシーンがあった。
そんなもの取っても、すぐ覆されるのに、あほらし。

 景勝にもおべっかを要求する秀吉に、「いえ。(何もござらぬ)」の景勝の答えは小気味良い。

 言葉少ない景勝が、家康に言う。
「あるじの責めを家臣に求めるのは、見当違いも甚だしい。」

 良くぞ言った、景勝! 上杉景勝ならそう言うよ。
家康VS景勝・直江の、構図が早くも見られて楽しいです〜。

 今回、政治的な場面が多く面白かった。
以前、歴女の部屋紹介で、書棚に「女の子らしい恋愛小説がありません!」
とレポートしていた。(誰が、女の子は恋愛小説が好きと決めたのさ。)

 改めて言うまでもなく、私も、歴史が好きである。
歴史とは、まつりごとの変遷であり、人間が理想に向かって生きた軌跡である。
 歴史ドラマで見たいのは、そのまま現代劇に置き換えられるような、簡単なホーム&恋愛ドラマではない。
 現代人が感情移入できるように書くのは、もちろん重要だが。

 ご常連で仲良しのとまとさんが、ドラマは脚本が8割と仰った。
私も、全くその通りだと思う。ドラマも映画も漫画などもである。
ストーリーとは、それほど大事である。
 
 史実以外、創作部分もおおっ良いねと思える脚本が見たい。


PS. 五大老決定の時、「わしもまだ若い汗」と言った景勝が、可愛かったです。

【2009.08.17 Monday 09:07】 author : いづな薫 
| 『天地人』感想 | comments(6) | trackbacks(0)|
天地人感想 「世継ぎの運命」 虎穴一家の場合


3度のメシ以外(おやつ)も、手作りしている虎穴でした〜。

 祝今朝方、ブログ開設2年と少しで、ご来客70万人様超えました。
ひとえに皆様のご愛顧のおかげです、厚く御礼申し上げます。

【2009.08.11 Tuesday 09:17】 author : いづな薫 
| 『天地人』感想 | comments(2) | trackbacks(0)|
天地人感想 「世継ぎの運命(さだめ)」
さら〜と流されてしまったが、朝鮮行き(文禄慶長の役のうち、今回は文禄の役)をやっていた。

景勝・兼続ら上杉軍は、兵3000、1年3ヶ月も朝鮮に滞在することとなる。
今でこそ、ちょいと行ける海外だが、当時の渡海は相当な覚悟が必要だったろう。
 しかも、旅行ではない、である。
景勝は、朝鮮で熊川城の修復にあたっている。

 それが、拾(ひろい、後の秀頼)が生まれたことで、帰国命令が下るのだが。
それで戦をさせられた人々にとっては、たまったものではない。
 老いた権力者が下らない事を思いつく、「老害」以外なんでもない。

秀吉の養子・秀俊(後の小早川秀秋)は可愛かったなあ〜。
この秀俊、年若くして、あちこち養子にやられる、苦難が出ていて良かった。
それでも、運命に似合わない明るい性格が、なんとも可愛いいです。

 秀俊を景勝の養子に、と言う案が出ていたが。
ありえない話だが、ちょっと面白いと思ってしまった。
 陽気な秀俊と、大人しい景勝の対比が見ていて面白かったです。

 景勝が、自分も上杉家の養子だと言っていた。
景勝と秀俊の「養子談義」が、今回特に気に入っている。
 景勝は、もらいっ子でも実母も一緒だったし、
何より謙信にもらわれたのだから、それは大変恵まれているであろうハート
 謙信没後、御館の乱などで辛酸をなめたが。

秀俊、後の小早川秀秋は、北政所の兄木下家定の五男である。
幼児の時、秀吉夫妻にもらわれ、育てられている。
昨日いきなり出て来たが、秀俊は秀吉とおねが実の親同然である。
昨日の秀俊、実は12歳!
そりゃーいやだわな、よそへ、もらわれるのは。
ちなみに、秀俊、2回目の朝鮮侵略・慶長の役では、総大将を務め、自ら奮戦の上、籠城する日本軍を救出している。

 小早川秀秋、京都本圀寺瑞雲院に墓所がある。
本圀寺は、上杉家や、加藤清正の京都宿泊所だった大寺院である。

京都の景勝町については、以下で書いておりますので、よろしければ御覧下さい。

http://cafe.kenshingen.fem.jp/?day=20090616

【2009.08.10 Monday 11:11】 author : いづな薫 
| 『天地人』感想 | comments(8) | trackbacks(0)|
天地人感想 「愛の花戦」
兼続と景勝の故郷、南魚沼より「天地人感想」です。

昼間行った、栃尾城があまりに楽しかったせいか、ドラマはイマイチ。

「淀が鶴松を生んでくれたので、楽になった。」と言う優しい北政所に対し、
立腹する菊、感じ悪〜。

「上杉の事なので御心配無用!」と言っていたが、京に行くのを散々拒否したコイツ、そんなに上杉家のこと考えているのか!?

淀は、既製作品に比べると、やや柔らかい人物に書かれているが、淀にしても菊にしても社会性がなく、まつりごとの匂いがしない。
当時の女性はこんなタイプも多かったかも知れないが、ドラマは娯楽作品である。
現代の視聴者感覚に合わせてしかるべきである。

菊は自分も子が出来ないと悩み、淀を励ましていた。
今ならどうと言う事はないが、満足な医学のない時代、菊は悩む年齢はとっくに過ぎているはずである。

お船、仙桃院、北政所はセリフ一つにも政治的意味があり、かつ家(家族)を思っていて共感できる。

殿の前では菊は可愛い妻を演じるが、久々に会った、景勝のほころんだ顔の方が可愛かった。爆

菊も、景勝が惚れるのが納得出来るような人物に書ければ良かったのだが。
実は、これ創作上極めて重要なことである。
なぜなら主人公及びそれに近い人物に視聴者は感情移入し、ドラマを見る視点になるからである。
こんな人なら好きになるよな〜、と思わせる説得力が不可欠なのだ。

兼続夫妻は、それらしく書かれていて、最近特に心地よい。

「朝鮮侵略から生きて帰れぬかも。」と、心配する兼続。
「生きて帰らなくてどうする。」と、叱咤激励するお船。
史料を見る限り、兼続夫妻は同志であり、仕事の上でも良き伴侶だったはずだ。

今回は、南魚沼で我が盟友きり子氏とゆきさんと「天地人」を見た。
兼続の子供が殿に「奥方様に会いたいかっ!」と聞いた時、ゆきさんが言った。

「殿にタメ口。」に爆笑。
タメ口は家系か、笑。

今回は、天地人大奥みたいじゃった。
そうでなく、合戦やそれにいたるまでの調略など、史実をビジュアル化してもっと織り込んでくれ。

なんだかんだ言いながら見て、いづなこの後また温泉にひたる。

鶴松を失った秀吉の如く、慶次郎が出ない事にショックを受けたいづな、南魚沼で癒されてます。笑。

【2009.08.03 Monday 11:21】 author : いづな薫 
| 『天地人』感想 | comments(2) | trackbacks(0)|
天地人感想 「女たちの上洛」
「頭を下げてでも、守らねばならぬものがある。」景勝
「頭を下げたら、守れぬものもございます。」 利休
 
 多くの民のために生きる国主・景勝と、孤高の芸術家として生きる利休。
どちらの考えも、重みがあります。

 茶室の中では身分がなく、刀も持って入ることも許されず、狭小の室内でまつりごとが進められたことも多かったはずである。
当時の”茶の湯”の流行もあいまって、名だたる大名たちがこぞって茶を習い、利休の弟子となっている。
 それら大名たちの師となった利休は、町人でありながら、政権中枢に影響を及ぼしていた。
 その力は多大で、天下人秀吉には次第に目障りになったに違いない。

 権力者は、学者や芸術家を嫌う。
なぜなら、彼らは正直だからである。
権力者のウソも暴くし、理想を掲げるからである。
 
 利休をしに追いやった秀吉&三成を責めて、兼続が「人には情がある!」と憤っていた。
 全くもって、その通り。
どんな良い計画を立てても、人の情感に訴えかけなければ失敗する。
 いつの世も、政治も、ビジネスもだ。

「女たちの上洛」でなくて、政治家兼続・景勝と、芸術家利休で、ドラマが見たかったな。
 千利休、好きです。一芸を極めた人物の言動は、美しい。学ぶものが多くあります。

 史実が好きなので、史実にない鬼嫁菊が駄々をこねるシーンは、イマイチ。
 だいたい自分が武田信玄・正室の子でなく側女の子で、しかも実家が既に亡いのに、景勝が側室を持つ・・・うんぬんを言うのか。
 仙洞院が、「関白に逆らえば、上杉が危ない!(だから行ってくれ)」と言った時は、正直菊のケツを蹴飛ばしたくなったぞ。
 
 上杉家の実質家老だったお船、子はなくとも秀吉や諸大名に影響力絶大だった北政所、自ら人質になる策を講じ家を救った前田利家正室お松、功績を以て、歴史に名を残した女性たちとは比べるべくもないが・・・。
 
 さて、これから、「エジプト発掘ツタンカーメン 王妃の墓の呪いハート」 見てきます。呪いにハートつけるな。笑
 世界史も大好きなんです〜。 

【2009.07.26 Sunday 20:44】 author : いづな薫 
| 『天地人』感想 | comments(2) | trackbacks(0)|
天地人感想 「天下統一」
兼続が最近、ことに直江兼続に見えて楽しいです。

兼続と家康の会話。

家康   「伊達を参陣させよとでも?」
かねたん 「今、なんと?」

家康の参陣無用の手紙を読んで、参陣してくるヤンキー政宗(ごめん)、愛の政治家兼続タヌキ家康
この三人三様の思惑が楽しかったです。

 生中に生なし、死中に生あり・・・きたあ〜北高全祝と謙信の言葉ハート

謙信と、景勝&兼続の師・北高全祝との問答の中から生まれた言葉です。
ペン 以下に解説がありますので、ご覧ください。
http://cafe.kenshingen.fem.jp/?day=20090112

 政宗の”死に装束シーン”に、この言葉を使うととは、斬新でした。
政宗小田原遅参は、既存ドラマ作品でも描かれているが、上杉側から見たドラマ、北高全祝&謙信に結びつけたんですね。

 ヤンキー政宗、かねたんの陣にやって来ましたね。
あくまで、武士とは闘うことに価値を見出す政宗と、己に勝ち、守る者(物)のために戦う兼続。
幸せな家庭に育った兼続と、そうでない政宗、まったく別の人間が出来ていて、2人の対比が、面白いです。
 
 八王子城の戦いは、これまで調略が多かった秀吉が、武力制覇に切り替えた戦です。

 花 調略:堀を作って城を孤立させる水攻めなど土木技術や、内応者を募るなど、
    武力でない方法で攻めること。
    死傷者が格段に少ない。兼続の、得意な軍略でもある。
 
 ペン 八王子城について、以下で書いています。 
http://cafe.kenshingen.fem.jp/?day=20090716

 前田・上杉軍によって落城、死者に女性や子供など非戦闘員を多く含む悲惨な戦でした。
 史実の兼続も、戦闘に参加していたと考えられています。


 当時の兼続・景勝心中ははかるべくもないが、ドラマのように、魚津その他で平和な世を見ることなく亡くなった、仲間のことを思ったかもしれません。

【2009.07.19 Sunday 21:35】 author : いづな薫 
| 『天地人』感想 | comments(6) | trackbacks(0)|
天地人感想 「北の独眼竜」
1日遅れで見たぜ「天地人」。では感想です。

 犬をイノシシと間違えた殿、面白かったですね。
しかも、安産のお守りが犬だと知らない殿が可愛い。笑天然景勝ハート

 伊達政宗は、父が殺され、母には憎まれ、弟を殺すと言う、とんでもない家庭環境の持ち主です。
 ついでに、妻愛姫(めごひめ)の実家が政宗を裏切ったと疑われ、政宗により、愛姫の乳母と侍女が死罪になっている。

 それでも、政宗と添い遂げた愛姫って、とてつもなく偉いです。
乳母と侍女の悲劇が遭ったからこそ、政宗の家庭環境を理解したのか。

 政宗に刃を突きつけられ、「もうすぐ、子が生まれるから生きねばならない。
と言う、兼続、めちゃくちゃかっこいいですなー。

 愛が武に勝った瞬間ですな。

近頃、兼続が、兼続らしくなってきました。
泣き虫だった兼続が、歴史に名を残した直江兼続らしくなって来たと思います。
 兼続の多数ある、家族に宛てた暖かい手紙を思い出しました。

【2009.07.13 Monday 20:16】 author : いづな薫 
| 『天地人』感想 | comments(4) | trackbacks(0)|
過去のページへ

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中