大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 歳時記 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
秋風景

ヨーロッパのフレスコ画にあるような雲と、都会の街路灯。
東京の夕焼けもまだ捨てたものではない。

たくさんの花や樹木を育てる私だが、花の盛りの春よりも、秋の方が好きかもしれない。
春は、わっと花が咲き、散り、繚乱を次から次へと繰り返す。
気圧の変化も頻繁で、心乱れる思いがして落ち着かない。

大雨は困るが、私は秋霖が好きである。
ひとあめごとに秋が深まり、晴れた時はすでに秋の高い空になっている。

つばめが、南の国へ旅立とうと空を横切る。

小さな体に、遠い国まで飛んで行ける力が備わっている。
今年日本で生まれた、若いつばめは親に連れられて行くわけではない。
体内磁石を頼りに、自分の力で飛んで行くのだ。
敵に襲われたり、激しい風雨に遭ったり、命の危険が多々あろう。
無事にたどり着き、来年また飛来できるよう、道中の無事を祈る。



彼岸花
「法華経」の巻第一序品に、お釈迦様が多くの菩薩のためにお経を説いた時、天は
蔓陀羅華(まんだらげ)・摩訶曼陀羅華(まかまんだらげ)・蔓殊沙華(まんじゅしゃか)・摩訶蔓殊沙華(まかまんじゅしゃげ)
の4つの花を降らせた、とある。
蔓殊沙華(まんじゅしゃか)とは、彼岸花の別名で、サンスクリット語で”赤い”の意味がある。
秋になると、里山、墓地で突然咲き出す鮮血のような赤い花は、死人花、幽霊花、きつねのかみそりなどの異名を持つ。

この、不吉な名はどこから来るのか。
曼珠沙華は、アルカロイド系の毒性があるが水にさらせばその球根からは良質のでんぷんが取れる。
昔、飢饉で食べ物に困った時、食料になるよう領民が植えたと言う。
花が綺麗だからと、取ってしまわないように、不吉な名を被せた。

園芸店では、リコリスの名で売られている。
あの世とこの世がつながる彼岸の季節に咲く、圧倒的な存在感のある花である。



私のお気に入りのバラ、サマーメモリーズ。
秋のサマーメモリーズは、花が春より大きくわが庭で香りつづける。
なぜ、サマーメモリーズか。
秋口に、次々と咲き、夏の思い出をほうふつとさせる。
35度超えの酷暑は思い出したくないが、この清楚な美しさは初秋にことの他なじむ。

【2015.09.23 Wednesday 11:07】 author : いづな薫 
| 歳時記 | comments(2) | trackbacks(0)|
猫の日


今日は日本での猫の日だそうですね。
世界猫の日が8/8で、ロシアは3/1、米国は10/29に設定されているそうです。
上の写真は、私が学究のため暮らしたドイツ南西部の村の猫。
私の家の近くにある、牧場兼牛乳屋さんが飼い主です。
この猫を、私は良くかわいがっていたのですが、大変なやきもち焼き。
私が他の猫をちょっとでも撫でたりすると、猫同士取っ組み合いの大喧嘩になります。
いつも先に手を出すのが、このにゃんこ。笑

【2015.02.22 Sunday 19:48】 author : いづな薫 
| 歳時記 | comments(4) | trackbacks(0)|
年始なので


今年も御着物で、ごあいさつまわり。
私はかなり活動的な方なので、草履で歩くのはやや不自由を感じます。笑
でも、着物はコートなしでも暖かいので冬場お出かけの時に時々着ています。
着物と共布でこしらえた巾着袋を持って参ります。

走る箱根駅伝、所々見ましたが5区に波乱がありましたね〜。
本当、勝負は最後まで分からないものです。

NHK「グレーテルのかまど」で、ウィーンのデザート「ブフテルン」を放送したらしく、当サイトでかつて書いた
ブフテルン・レシピへのアクセスが凄いです。
まだまだ、テレビの力は大きいと思うこの頃。
レシピはいいのですが、国民利益に反する政府広報と化したテレビが問題。

【2015.01.02 Friday 19:55】 author : いづな薫 
| 歳時記 | comments(0) | trackbacks(0)|
ありし日のクリスマス風景


私の暮らした、南西ドイツの小さな村の教会。
この写真を見ると、朝な夕なに聞いていた教会の鐘の音が、
今も耳の中で木霊するような気がいたします。

第3次安倍政権発足で、どうにも安心できないクリスマス。
来年は、もっと大変な現実を日本国民は見せられることになる。

クリスマスで、家で「握り寿司」を作る予定が政権発足の安倍の顔を見たらテンション下がり海鮮ちらしに変更。笑


【2014.12.24 Wednesday 19:44】 author : いづな薫 
| 歳時記 | comments(0) | trackbacks(0)|
手作りクリスマスリース


クリスマスツリーを飾り、例年の手作りリースもようやく作成しました。
ローリエのかぐわしい香りのするリースです。
色は、緑とブルーでシックにまとめてました。
材料は、例によって自宅にあるもの。
庭の藤ヅルを夏の間乾燥させておき、ぐるりんと丸めたものにリボンをかけ、同じく庭のローリエを差しました。
松ぼっくりは、山歩きで拾ったものです。
球体オーナメントは、クリスマスツリーから拝借です。
ローリエは、クリスマスが終わったらスープに使います。

【2014.12.09 Tuesday 09:39】 author : いづな薫 
| 歳時記 | comments(0) | trackbacks(0)|
干支 未(ひつじ)のぬいぐるみ


干支の未(ひつじ)をハンドメイドしました。
昨年の馬「放生月毛」に比べたらとっても簡単です。

タオル地を球体に縫い、中に小豆と裁断して余ったタオル地が詰っています。
角と顔はフェルトです。
羊は、雌雄双方に角があるものと、オスだけにあるのといるそうです。
ぐりんと巻いた大角を持つ羊は、オスであるとか。
つまりはこの羊、”育メン(綿)羊”だな。笑
小豆を詰めたので、あとでレンジで温めて小豆カイロにもなります。いや、丸くて、使いにくいか。笑

【2014.12.01 Monday 08:36】 author : いづな薫 
| 歳時記 | comments(0) | trackbacks(0)|
晩秋


花咲く春も良いのですが、私は秋がとっても好きです。
特に、空気が澄んで、冬を迎える晩秋のこの季節が格別です。
欧州の秋もそれは鮮やかで美しいのですが、日本の赤い紅葉も心惹かれます。
欧州の紅葉は黄色ですが、日本は寒暖さがあるため赤くなります。
気温が下がるごとに、色あいを増す景色は古来、歌人たちの格好の題材であり続けました。
観光地の紅葉もいいのですが、早くからホテルが満室、車と人の波を見に行くようになってしまっては興ざめです。
今日は、ゆっくり自宅の紅葉を楽しみます。

落ち葉掃きで、集めた桜の葉々。
焚き火で焼き芋でも焼きたい所ですが、近隣から苦情が来るといけないのでがまん。


集めた落ち葉で、腐葉土を作ります。
これで、来年の花を咲かせたり野菜を作ります。自然の循環って素晴らしい。
腐葉土の枯葉は温かいので、中で猫がすやすや寝ている時があります。
起こさないようにそっと見て、帰って来ます。


お正月の、お雑煮用に植えた小松菜の種から旺盛な芽が出て参りました。
もう寒いので、防虫ネットを取っても大丈夫です。





【2014.11.29 Saturday 09:11】 author : いづな薫 
| 歳時記 | comments(0) | trackbacks(0)|
秋の夜長


かつて撮影したものですが、秋の夜長、癒しの1枚。
 
勤務帰りの道も楽しき、ドイツ南西部の都市、フライブルグの夜店。
クリスマスのオーナメントや、木製のおもちゃを売っています。
勤務時間も短く休暇が2ヶ月、考える時間がたっぷりある欧州の暮らしでした。

他の先進国は8時間労働が当たり前、本日休日出勤の私、日本の勤務体系は間違っていると考えます。

【2014.11.01 Saturday 08:43】 author : いづな薫 
| 歳時記 | comments(0) | trackbacks(0)|
美しき日本の秋


今年は、珍しく秋が長そうだ。
庭には、曼珠沙華が赤い花を咲かせた。

この花ほど、さまざまな名を持つ花は珍しい。
彼岸花、地獄花、狐花、幽霊草、死人花、天涯草、捨て子花、三昧花、方言をふくめると、実に千を超す。
お墓の近くに咲いているので、あまり麗しくない名前を冠しているが、夏の名残の花火のようで実に美しいではないか。

9月8日の十五夜、重陽の節句、そして彼岸。
秋霖(しゅうりん秋の長雨)もあり、日本の古典的な秋を存分に楽しんでいる。
霖、細かい絹糸のような雨がなんとも情緒的である。
9月の和名は、長月、夜が長いので長夜月、菊の季節なので菊月とも言う。
新暦の9月20日〜10月20日頃にあたる。

35度を越えるような酷暑を除けば、日本の四季は本当に美しい。
特に、これから秋が深まるつれ、空気が澄み色とりどりの紅葉で野山も染まっていく。
平安時代の、日記や和歌に詠まれた古典世界がよみがえって行くようだ。

秋の夜長、国内外さまざまな本を読むのがこの上なく楽しみである。
心のゆとりがなければ、アイディアも知恵も生まれず、学問も文化も発達しない。
いくら日本が好きでも、日本のことだけを考えていては間違いが起きる。

そして、豊かさとはお金を沢山持つことではなくどれだけ自由な時間を持ち、何かに熱中できるかである。

十五夜と重陽の節句にはススキを生け、菊の和え物、衣かつぎなどを夕食に添えた。
月見団子は、早めに作ると家族に見つかり月が出る前になくなってしまうので、こっそり夜に作成。
お彼岸の23日にはおはぎを作るつもり。

今宵は、この秋初のすき焼きに舌鼓をうつ予定。

霖があけたら、山城歩きに出かける。
目にも鮮やかな錦秋、豊かな秋の味覚がこの先も楽しみである。

【2014.09.20 Saturday 16:10】 author : いづな薫 
| 歳時記 | comments(2) | trackbacks(0)|
辻が花のような白椿

朽ちていく美、辻が花染めのような白椿。
東京は桜が過ぎ、庭の椿も終わりを迎えようとしている。

辻が花とは、室町時代から、江戸初期に隆盛しわずかな期間だけで姿を消した幻の染めもの。
現代に蘇らせ、作品は生まれているけれども、室町〜江戸時代の作本はわずか300点ほどである。

上杉謙信の、朱色地に全面雪柳の華やかな胴服にも辻が花が使われている。
襟一面の扇面の中に、草花を描きこんだ極めて貴重な作品で、現在重要文化財。
(米沢の上杉神社蔵だが、傷みがあり展示に耐えられないため非公開。保存技術が待たれるところである。)
ほか、豊臣秀吉、徳川家康等も辻が花の意匠を使った胴服がある。
 

【2014.04.14 Monday 21:20】 author : いづな薫 
| 歳時記 | comments(4) | trackbacks(0)|
過去のページへ

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中